江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

海老澤 邦江

情報文化学科 教授
文学修士

英語コミュニケーション、文化比較を担当。
語学教育研究所長(2011年~2015年)。
千葉県高等学校東葛地区予選「英語弁論大会」審査員(2008~2011)。
駐日アイルランド大使館主催英文エッセイコンテスト審査員(2013)。
日本アイルランド協会会長(2016年~)。日本イェイツ協会事務局長(2012年~)。

研究分野:文学
専門分野:英米・英語圏文学


英語詩(17世紀から現代)を研究。特にノーベル文学賞を受賞したアイルランドの詩人、W.B.イェイツ。日本の能から強い影響を受けた作品は近年、日本の能楽師・狂言師とアイルランドの音楽家・俳優とのコラボレーションによりあらためて見直され話題になっています。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


「ことばの魅力」と「ことばの力」をあらためて知ってほしいですね。ことばの表現は無限です。それを磨くことで豊かなコミュニケーション、素敵な人間関係と幸福な人生が築けると思います。語学学習はまず「聴く力」を鍛え、発声することから始めましょう。

研究テーマ


W.B.イェイツの詩と戯曲を中心に、文化表象を研究。
1.アイルランドの神話とヨーロッパ文化
2.日本の伝統芸能(能と狂言)の受容と象徴主義
アイルランドとイギリスの文化比較。
1.イギリス詩の伝統とイェイツの詩
2.アイルランド文芸復興とイギリス

最近の研究活動


2017年には、日アイ友好関係60周年を迎えます。それを記念する数々のイベントがアイルランド大使館を中心に企画中。日本アイルランド協会と日本イェイツ協会では、研究者、実業界、文化団体の方々と連携しながら、イベント実施に向けて活動しています。6月に成城大学で公開講座開催、学会活動としては、10月(東海大学)と12月(法政大学)は “Easter 1916”100周年をテーマに講師を招聘しアイルランドの現在と日本との関わりを検討する予定です。

担当科目


英語表現基礎、英語表現I、英語表現II、英語プレゼンテーション演習I、情報文化基礎、情報文化演習、情報文化実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


・水泳:プールからスカイツリーが臨めるので、最低634メートルは泳ぐようにしています。水泳は無心になれますし、手足がのびのびして解放感に満たされます。お魚になった気分。水の質感、水中に見る世界は、地上生活では味わえない格別な異次元空間です。