挑戦と発見につながる 国際教育 挑戦と発見につながる 国際教育

国際化社会といわれる今、将来どんな分野に進むにしても、国際社会を理解するグローバルな視点と、世界の人々とコミュニケーションするための語学力はなくてはならないものです。
江戸川大学では、国際社会を生きるツールとしての語学力を高めるため、語学授業の充実はもちろん、多彩な海外研修も用意しています。
英語が得意な人もそうでない人も、それぞれの語学力にあわせて伸ばせる英語教育プログラムです。新しい英語の学習法で学ぶベーシックな授業から少人数で集中して取り組む授業までステップアップできるようきめ細かに設定されています。
そうして授業で培った語学力を、海外で実践的に学び、帰国後は授業でさらにブラッシュアップしていくことができます。

英語科目と海外研修
プログラムの関係

英語科目と海外研修がリンクするカリキュラム図

楽しむところから始めて、グローバルに活躍できる英語力を身につけよう。 楽しむところから始めて、グローバルに活躍できる英語力を身につけよう。

聞く・話す・読む力を、少しずつ伸ばしましょう。

「英語I・英語II」

主に1年生を対象としたクラスです。学生さんのニーズを考えながら、読む、書く、会話するといったスキルを総合的に高めていくクラスです。文法やボキャブラリーといった、英語学習に必要ではあるが習得しにくい部分も、基礎的なレベルから着実に積み上げていきます。
これは、英語をひたすら日本語に訳したり、意義もわからず単語を丸覚えしたりするような授業ではありません。先生方がそれぞれの得意な方法で、みなさんの英語学習への意欲を掻き立ててくれます。たとえば「歌」の歌詞や「映画」のシナリオを使ったり、教室で「英会話」をやってみたり、勉強という面を忘れ、英語で書かれた本をひたすら読み続けていく「多読」といった方法を使ったりしながら、学生さんが、楽しみながら英語基礎力を身につけられるような科目になっています。

「英語III・IV」

2年⽣以上が履修する科⽬です。この科目は、英語を学びたい学生さんの多様なニーズにこたえるために設置されています。たとえば、英語I,英語IIで学んできた内容や方法を土台としつつ、ここで十分な基礎的な英語力を身につけることができます。
また、さらに英語力を伸ばし、インテンシブ英語Aを受講するための準備を行うこともできます。あるいは、1年時にインテンシブ英語Aを受講したがなかなか英語力が上がらない、という学生さんが、弱点補強のために履修することもできます。

英語力を大きく向上させましょう。 英語力を大きく向上させましょう。

週2回各100分、習熟度別クラス・少人数で集中して学ぶ。

「インテンシブ英語 A-I・II・III・IV」

集中して徹底的に英語力を鍛えるための科目です。この科目は他の科目と異なり、1回100分、週2回、14週分の授業が1コマ(半期4単位)に相当します。授業は、TOEICテストでの成績向上を目標としながら、スピーキング、リスニング、リーディング、文法、ボキャブラリーなど、幅広く英語力そのものを伸ばすためのトレーニングを行います。

※こどもコミュニケーション学科を除く。

海外に行く前に、できるだけ英語に慣れる。

「海外研修英語I」

「異文化理解研修」および「語学研修(オセアニア)」を履修するために、事前にできるだけ英語に慣れ、ニュージーランドでの研修をスムーズに行えるように準備するための授業です。外国人講師らによる、聞くこと・話すことを中心とした授業です。

帰国後の英語コミュニケーション力を維持・向上させる。

「海外研修英語II」

「異文化理解研修」および「語学研修(オセアニア)」を履修した学生を対象に、現地で培った英語コミュニケーションカを維持・向上させるために設けられた授業です。スピーキングに焦点を当てた少人数制のレッスンで、すべて英語で行います。教育経験及び国際経験豊富なネイティブスピーカーが講師を担当します。テキストをもとにペアワークやグループワークを行うことで英語コミュニケーション力の向上を目指します。

※こどもコミュニケーション学科を除く。

English Cafe English Cafe

空き時間に、ネイティブの外国人講師と気軽に英会話を楽しむ。

English Cafeは、「日常的に英語を使ってみる」空間として開設されています。 月曜日から金曜日まで毎日、15時から18時まで、外国人講師が常駐しています。出入りは自由、内容も集まったメンバーで決まります。留学生や他学科の学生も交えて、英語で会話を楽しんだり、ゲームなどで遊べる場所となっています。
理解しよう、伝えようという気持ちさえあれば、英語で話すことはできます!

現地で語学力をより向上させて、異文化体験でグローバルに視野を拡げよう。 現地で語学力をより向上させて、異文化体験でグローバルに視野を拡げよう。

2019年で30回を重ね、これまでに6,083人の学生が参加した伝統あるプログラム。

異文化理解研修

この研修のねらいは、語学研修と異文化体験です。現地では学生1人に一家族のホームステイ滞在。研修期間は2週間で、午前中が語学研修、午後はホストファミリーと過ごすか、またはアクティビティを選択します。
参加した学生は「日本について、異国に来て初めて知ることがたくさんあった。異国を知るより、まず自分の国をもっと知ることが大切だと本当に思った」「国際人とは、単に外国語に強い人のことではない。海外でも通用するマナーや世界的な視野を身につけていなければならない」などそれぞれの体験を通して、確実に成長し多くのことを学んでいます。

語学研修から海外留学まで

語学研修

より深く、語学の習得をめざす人のために、様々なプログラムを用意しています。ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、カナダなどの大学で寮生活やホームステイをしながら、より高いレベルの語学研修に参加できます。

海外留学特別奨学プログラム

高い語学力をいかしてオーストラリアやアメリカ、カナダ、ニュージーランドの協定大学に留学。各大学の授業に参加して、専門的な内容を学びます。条件を満たす場合は、単位の認定、授業料の減免、留学費用の支援などが受けられます。

2020.5.1現在

戻る