ITをもっと身近にする情報教育 ITをもっと身近にする情報教育

江戸川大学の教育目標のひとつが「情報化に対応する人材の育成」。これまで江戸川大学では、高度情報化社会のニーズに応える教育を実践してきました。1990年の開学当初からノートパソコンを全学生に一人1台ずつ貸与しており、学習支援システムや充実のサポート体制で、オンライン学修への対応もスムーズでした。

  • 全学生にノートPC無償貸与、キャンパスは無料Wi-Fi完備 全学生にノートPC無償貸与、キャンパスは無料Wi-Fi完備

    パソコンとインターネットが「いつものツール」になるキャンパスです。最新型のノートパソコンを、入学時から全学生に無償貸与。学内だけでなく自宅に持ち帰って利用できるあなただけのノートパソコンで、授業内の課題や情報収集をはじめ、レポートや発表資料の作成、プログラミングや作品制作などにいつでもどこでも活用できます。

    キャンパス内ではWi-Fi(無線LAN)が無料で利用でき、学生生活のさまざまな場面でネットサービスが利用されています。たとえば在学生専用ポータルサイト「エドポタ」では、授業ごとの出席登録、教室変更のお知らせ、成績の確認など、毎日の連絡と情報確認を行います。各科目の授業内容や担当教員の情報は、ネット上のデータベース「Webシラバス」に掲載されています。

  • 基礎から応用まで、着実に。レベル別学修でスキルアップ 基礎から応用まで、着実に。レベル別学修でスキルアップ

    すべての学生が学ぶ必修科目「アカデミック・スキル演習」で、学生生活や就職活動に必要なパソコンの使い方を身につけましょう。

    1年次はタッチタイピングと、文章作成、表計算、プレゼンテーションなどに使用するオフィスソフトの基本から。習熟度(スキルのレベル)別にクラス分けされるので、パソコンが苦手な人も、使い慣れている人も、自分に合った内容で学べます。
    2年次からはデータ分析や、クラウドサービスを利用したアンケート調査やグループワークの方法などを学びます。パソコンとネットを毎日活用するから、「使えるスキル」を着実に、しっかり身につけられます。
    ※こどもコミュニケーション学科は、「情報リテラシー」という科目で学びます。

  • 授業での試験対策や支援制度で資格取得をサポート 授業での試験対策や支援制度で資格取得をサポート

    学修を進めるにつれて磨かれる「情報力」。実社会で通用するITスキルを身につけたら資格を取得し、実力を証明しましょう。国家資格「ITパスポート試験」など、関連資格や検定試験に向けて試験対策ができる授業を実施するほか、報奨金が受けられる「資格取得支援制度も設置しています。

情報教育を支える充実の環境 情報教育を支える充実の環境

学生生活を支えるネットサービス

  • 江戸川大学学生専用ポータルサイト「エドポタ」

  • Googleのサービスと連携。専用メール「Edo*mail」と「Googleド
    ライブ」

  • 講義資料のダウンロードやレポート提出、予習・復習・自習に「エドク
    ラテス」

  • 新聞各紙電子版、企業情報データベース

  • 150ヶ所以上のWi-Fiスポット(最新規格Wi-Fi6)と1500以上の有線LAN
    コンセントを学内に設置

  • 在学中、自宅のPCやスマートフォンにもインストール可能なOffice365
    を導入

  • トラブル対応・無料修理も可能!

    学内に「ヘルプデスク」を設置

    パソコンのトラブル対応や使い方のサポートを行う学生組織「ヘルプデスク」と修理窓口を、キャンパス内に設置しています。貸与されるノートパソコンには4年間の製品保証が付属しているので、修理や部品交換も無料受けられます。
    ※不注意による落下、水こぼしなど有償になる場合もあります。

    ヘルプデスクには、在学生なら無料で利用できるプリンターも設置
    学修に必要なレポートや資料などの印刷はもちろん、サークル活動や就職活動での使用もOK。A4以外のサイズや、大判ポスターの印刷も可能です。

  • 創造力を広げる制作環境も充実

    パワフルなクリエイティブ環境が必要なら「マルチメディア実習室へ。映像・画像編集やCG制作、Webデザインなどに使用できる機材と専門的なソフトウェアを揃え、各業界で標準となっている制作環境が整っています。新聞・雑誌などの紙媒体制作に対応した「DTPルーム」も。

  • アクティブ・ラーニング・スタジオ

    自習スペース「アクティブ・ラーニング・スタジオ」では、専任スタッフが常駐し、個々の学生に対し資格取得に向けたサポートをしています。

資格取得を支援する体制 資格取得を支援する体制

  • 個々に取り組み進められる資格取得対策科目

    授業「アカデミック・スキル演習」では「自らのIT活用力を客観的に示す」ことも目標の一つに掲げ、2年次からは情報活用力の学修とあわせて資格取得への取り組みを推奨しています。

    さらにレベルアップを図りたいという学生は、国家資格の『ITパスポート試験』合格を目指す「情報活用論応用」、学内受験ができる『MOS Excel 一般レベル試験』合格を目指す「情報基礎演習」、マルチメディア検定合格を目指す「情報活用論基礎」などの科目を履修し、個々に取り組んでいきます。

    授業「アカデミック・スキル演習」と資格取得対策科目の関係

  • 報奨金で支援する資格取得支援制度

    資格取得支援制度は、江戸川大学が指定した奨励資格を取得した学生に報奨金や学費減免で支援する制度です。2016年度に制度が始まってから、利用者数は年々増えています(情報系の資格を抜粋)。

江戸川大学の目指す情報教育 江戸川大学の目指す情報教育

超スマート社会の到来を目前に控えた今日、開学以来進めてきた情報教育のアップデートと強化も怠りません。江戸川大学では学長プロジェクトを発足し、江戸川大学が目指すべき情報教育を多角的に検討したうえで、学士力としての情報活用力(以下のイメージ図)を推進しています。学部・学科を越えてすべての学生が受ける情報教育をベースに、学部・学科の専門教育を行い、自ら設定した課題に自らの力で取り組み解決できる力を育成していくことを目指しています。そうした取り組みを通じて身に付けた IT 活用力を客観的に示すために、資格の取得も積極的に推奨し、学修環境及び受験環境の整備を更に推進していきます。

2021.7.1現在

戻る