江戸川大学の5つの魅力を見てみよう! 5つのEDO POINT

  • POINT 01 ITをもっと身近にする情報教育
  • POINT 02 グローバルに活躍できる国際教育
  • POINT 03 成長する力を磨く基礎・教養教育
  • POINT 04 自分らしい将来を目指すキャリア教育

EDO POINT 01 ITをもっと身近にする情報教育

江戸川大学の教育目標のひとつが「情報教育」で、1990年の開学当初からノートPCを全学生に一人1台ずつ貸与しています。どの学部・学科の学生でも、普段の生活からパソコンを活用し、ごく自然と情報活用力を身につけていくことができます。授業では「アカデミック・スキル演習」という1,2年次の必修科目を学ぶことで、ITリテラシー(情報モラルと基礎的な操作方法)はもちろん、ITを使って調査し、まとめ、伝える、大学での学びを支える活用スキル(アカデミック・スキル)もしっかり身につけることができます。Wi-fi完備のICT環境も充実しており、学生はこうしたサービスを利用することで、充実した学生生活を送ることができます。

学生生活を支えるネットサービス
創作力を広げる制作環境も充実

ポイント1自分専用のノートパソコンを、無料Wi-Fiでいつでも使える

パソコンが「いつものツール」になるキャンパスです。最新型のノートパソコンを、入学時から全学生に無償貸与。ふだんの学習や情報収集はもちろん、授業でのレポートや発表資料の作成、プログラミングや作品制作にも活用できます。
学生が運営するヘルプデスクはノートパソコンに関するトラブルやサポートに対応。大量の印刷や大判ポスター印刷にも利用できるプリンターも設置しています。

ポイント2初心者から上級者まで、レベル別学習で着実にスキルアップ

すべての学生が学ぶ必修科目「アカデミック・スキル演習」で、パソコンを使いこなすスキルを身につけましょう。1年次は習熟度別にクラス分けされるので、初めてパソコンに触る人も、使い慣れている人も、自分のレベルに合わせた内容で学べます。
たとえば、タッチタイピングや、学習・研究に必要なオフィスソフトの基本スキル。さらに、データ分析やプレゼンテーション、クラウドサービスを利用したアンケート調査やグループワークも。オンラインでのレポート提出など、学生生活すべてのシーンでパソコンを活用するから「使えるスキル」がしっかり身につきます。

※こどもコミュニケーション学科を除く。

ポイント3授業での試験対策や支援制度で、資格取得をサポート

基本的なスキルを身につけたら、より実践的な活用方法を学びましょう。学習を進めるにつれて「情報力」が磨かれ、実社会でもいかせるITスキルがしっかり身につきます。
国家資格の「ITパスポート試験」、学内受験できる「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」や「マルチメディア検定」などの資格取得に向けた授業、報奨金が受けられる「資格取得支援制度」を設置。アクティブ・ラーニング・スタジオでは参考書の貸出やサポートも行っています。

EDO POINT 02 グローバルに活躍できる国際教育

江戸川大学の教育目標のもうひとつが「国際教育」。国際化社会といわれる今、将来どんな分野に進むにしても、国際社会を理解するグローバルな視点と、世界の人々とコミュニケーションするための語学力はなくてはならないものです。江戸川大学では、国際社会を生きるツールとしての語学力を高めるため、語学授業の充実はもちろん、多彩な海外研修も用意しています。

「イングリッシュ・カフェ」
ネイティブの講師と気軽に英会話を楽しめます。
挑戦しやすい短期研修から発展的な長期研修まで。

ポイント1レベルに合わせて学べる・伸ばせる

英語が得意な人もそうでない人も、それぞれの語学力に合わせて学べる英語教育プログラムです。新しい学習法で学ぶ基礎レベルの授業から、少人数で学ぶハイレベルな授業まで、ステップアップできるようきめ細かに設定されています。

ポイント2最初の一歩が踏み出せる海外研修

「海外体験研修」をはじめ、挑戦しやすい海外研修プログラムが充実。英語科目とも連携しているのでレベルに合った研修を選びやすく、帰国後は授業でさらにブラッシュアップができます。また、学科によって海外での調査・研究も行っています。

※こどもコミュニケーション学科では一部実施。

ポイント3海外での学びを支える特別プログラムも

留学費用の支援や学費の減免などが受けられる「海外留学特別奨学プログラム」では、高い語学力をいかしてオーストラリアやアメリカなどの大学に留学し、単位を取得します。

EDO POINT 03 一貫した少人数のゼミナール教育

江戸川大学の基礎・教養教育は、すべての学生が履修できる共通のカリキュラム(1群)※1で、専門教育を支える基礎学力を育成します。1群科目は3つの領域(基幹科目群、人間力向上科目群、就職・資格科目群)からなり、大学生としても社会人としても必要な基礎的な知識・技法や教養を培います。特に、全学生の必修科目である「アカデミック・スキル演習」※2では日本語や情報のリテラシー教育を行い、大学での専門的な学習や研究に取り組む技術・能力を身につけます。

※1 一部、こどもコミュニケーション学科を除く

※2 同科目は、こどもコミュニケーション学科では「情報リテラシーI」「情報リテラシーII」「ことばと表現(書きことば)」「ことばと表現(話しことば)」が該当します。

基礎・教養教育3つのポイント

  • (1)すべての学生が履修できる共通のカリキュラム(1群)
  • (2)大学での専門的な学びに必要な技術・能力を身につける
  • (3)社会で通用する基礎力を身につける

アカデミック・スキルを身につける

「アカデミック・スキル」とは、大学での専門的な学習・研究に取り組むための、技術・能力のこと。その力は、どんな専門分野でも、そして社会人になっても、皆さんを助けてくれる基礎力です。このスキルが身につけられる科目が「アカデミック・スキル演習」です。
「アカデミック・スキル演習」では、これから何を学ぶのか、どこまで身につけられたのかを「見える化」するしくみを取り入れています。学習内容は小さなステップ(項目)に分けられていて、ステップごとに課題をクリアしていきます。だから、自分の成長を確かめながら、着実に学んでいくことができます。
苦手なところがあっても大丈夫。「アクティブ・ラーニング・スタジオ」で、しっかりサポートしています。

教員やSAが常駐しているので、
自習もはかどります。

EDO POINT 04 自分らしい将来を目指すキャリア教育

就職活動のパートナーとなるキャリアセンターでは、一人ひとりの目標や希望を一緒に確かめながら、それぞれの能力と適性をいかす個人指導で「キャリアデザイン」をサポートしています。

多岐にわたる就職活動支援
個性を大切にする対話をベースにした個人指導でサポート

キャリア教育

「キャリアデザイン」が学べる正規科目を1年次から開始。各業界を代表する企業の方や専門講師による講義に、グループワークなどを組み合わせた実践的な授業です。社会常識や就職活動についての基礎を学び、自分自身の「将来の設計図」を描き、各業界の特徴や採用状況について理解します。

資格取得支援

教員免許など、専門分野での就職に必要な資格を取得するための「就職・資格科目群」を設定。また、各学部・学科が推奨する資格の取得や、マスコミ業界への就職など、目標に応じた支援体制も充実。各種資格の取得で報奨金が受けられる「資格取得支援制度」も設置しています。

就職活動支援

キャリアセンターが実施する説明会「就職ガイダンス」では、筆記試験対策や応募書類の書き方、面接の受け方などをワーク形式で実践。
「卒業生を囲む就職相談会」など、体験談やアドバイスからヒントが得られるイベントも。さらに各学生に個別担当者がついて支援する「マンツーマン・サポート」で、求人情報の紹介や相談への対応など、それぞれの状況に応じたていねいなサポートを行っています。

2020.4.1現在

戻る