江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学LINE公式アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

暮らしと人生を豊かにする、スポーツの役割と可能性を探る・考える。

文化・歴史・ビジネス(産業)など複数の視点から、現代社会における「スポーツ」にアプローチ。スポーツやそれを取り巻く産業と社会との関わりについて学びます。

私たちの社会や生活の中で、スポーツはどんな役割を担っているのでしょうか。プレーする・プロチームを応援するなどの「楽しみ」としてはもちろん、ビジネスや政治、文化、教育とも深く関わるほか、心身の健康維持やコミュニケーションの方法という側面もあります。本ゼミナールではこの多様な「スポーツ」について、スポーツ産業におけるマネジメント(経営・運営管理)を軸に学びを広げます。
フィールドワークでは「スポーツの現場」を調査。たとえばスタジアムを訪れて、スポーツが観客を魅了する理由や、楽しさと感動を共有(シェア)するためのしくみを分析。またプロスポーツチームの経営・運営、ファ
ンとの交流といったマネジメントの分野や、テレビ・新聞など各種メディアの制作現場を体験・実践する機会も。さらに読売巨人軍でのインターンシップや社会貢献活動「G♡hands」への参加、Jリーグ公式戦でのボランティアにも参加し、社会とスポーツの関わりについて学びます。

広岡勲先生のゼミでは、相撲部屋を視察する機会も。プロスポーツに関わるさまざまな仕事を体験しながら理解を深める。撮影協力:公益財団法人日本相撲協会広報部/八角部屋


Student Interview

フィールドワークで挑戦!スポーツを支える、舞台裏の仕事。

Jリーグ・柏レイソルの試合では、入場ゲートでのチケット整理や、スタジアム隣にある子ども向け芝広場での見守りを担当。フィールドワークを通して、プロスポーツを支える仕事の一部を経験することができました。また専門ゼミでは、選手のコンディションを保つための食事・栄養について考えることも。サッカーをはじめとするさまざまなスポーツについて、選手へのサポートも含めた複数の視点から学んでいます。

1年次からプロスポーツの「現場」を体験!

石川 翔太さん
現代社会学科 3年
千葉県立八千代高校出身


体験して学ぶ・感じる「スポーツの現場」の幅広さ。

「どこで学ぶか」ではなく「誰に学ぶか」。江戸川大学を選んだのは、広岡先生のゼミで学びたい!と思ったからでした。経験豊かな先生の授業のほかにも、学外で学ぶ機会がたくさん。サンケイスポーツでのインターン、プロから高校の部活動までスポーツをがんばる人たちを取材した『yell sports』の誌面制作、「G♡hands」での障がい者スポーツ体験などを通して、スポーツとの関わり方を幅広く学ぶことができました。

教室の外でのいろいろな経験もゼミならではの学び。

神原 猛斗さん
現代社会学科 2020年3月卒業
日本食研ホールディングス(株) 内定
千葉県立佐倉西高校出身