暮らしと人生を豊かにする、スポーツの役割と可能性を探る・考える。

末永尚先生の専門ゼミでは、プロサッカークラブの強化と、地域との交流を担う拠点を視察。(ジェフユナイテッド市原・千葉「ユナイテッドパーク」

「する」・「みる」・「ささえる」など複数の視点から、現代社会における「スポーツ」にアプローチ。スポーツによる人々のつながりや社会における役割について学びます。


私たちの社会において、スポーツはどんな役割を担っているでしょうか。プレーする・試合を観る・プロチームを応援するといった「楽しみ」であることはもちろん、ビジネスや政治、文化、教育とも深く関わり、また心身の健康維持やコミュニケーションの方法という側面も持っています。本ゼミナールでは「現代社会においてスポーツといかに関わるか」について、競技スポーツと地域スポーツの2つの側面から探究し、日本のスポーツ文化を発展させるための課題を考えます。
フィールドワークでは「スポーツの現場」を調査・体験。たとえばスタジアムの現地調査では、スポーツが観客を魅了する理由や、楽しさと感動を共有(シェア)するためのしくみを分析します。さらにプロスポーツチームの経営・運営、ファンとの交流といったマネジメント分野や、Jリーグ公式戦でボランティアに参加する機会も。知識と自分自身の経験を組み合わせて、社会とスポーツの関わりを学ぶことができます。

さまざまな資料と展示で、草創期から現在までの日本サッカーの歴史を伝える「日本サッカーミュージアム」を見学。サッカーが日本でどのように発展してきたのかを学びます。

Student Interview

プロスポーツの「現場」を体験。さらに深く学びたくなりました。

柏のサッカースタジアムで行ったフィールドワークでは、会場スタッフの一員として活動。たくさんのサポーターを迎え、スポーツを楽しみ、盛り上げる「現場」を体験しながら学びました。そしてスポーツについてもっと深く学びたいと思い、末永先生のゼミを選びました。ずっとプレーしてきたサッカーが主なテーマであり、専門的な内容も扱われるので毎回興味深く、学生同士のディスカッションにも刺激を受けています。


国内外のプロサッカーチームをマネジメントの視点から分析!

「演習・実習」の授業で特に興味をひかれたのは「ユヴェントスを事例としたクラブの伝統と経営力」というテーマ。イタリアのプロサッカークラブ・ユヴェントスを例に、多くのファンを持つ伝統的なチームの強さだけでなく、クラブの経営や資本力などマネジメントの面にも着目。日本のプロチームとの違いを考えました。今後は日本と海外のユース(育成世代)の比較など、サッカーを軸にさらに広く学んでいきたいと考えています。