私たちは何者なのか?異文化との出会いで人類の謎を解く。

阿南透先生によるガイドで、寒川神社(神奈川県)御神門の「迎春神話ねぶた」を視察。フィールドワークを通して神社仏閣や祭りの背景にあるストーリーが見えてくる。

文化人類学と民俗学が大切にするのは、フィールドでの出会いと気づき。
文化をキーワードにこれまでの「あたり前」を突き崩し、新たなパースペクティブ(視点)を獲得します。


あなたの目には、虹は何色に見えますか?「七色でしょ」と思ったあなたは、“文化の色メガネ”をかけています――
世界には、六色と表現したり、三色と表現したりする文化圏もあるからです。歴史的には、日本でもかつて虹は七色ではありませんでした。
文化人類学が大切にするのは、「異文化」を鏡としながら、自らの常識や価値観を見つめなおすという姿勢です。人類学ゼミでは、アフリカやオセアニアといった外国の人々の暮らしから、日本各地の“身近な異文化”までを取り上げて、人間の生の多様性と可能性について考えていきます。
一方、民俗学が得意としてきたのは、地域の伝承や祭礼、妖怪などの研究ですが、それは、テレビなどで紹介される“古き良き伝統文化”などではありません。民俗学ゼミでは、学生自らが興味を持ったテーマを掘り下げていき、庶民のふだんの暮らしや考え方など“生きた文化”を探究します。
人類学と民俗学は、ともにフィールドワークでの発見を重視します。身近な街をフィールドとした調査実習では、調査のコツや自らの経験と気づきを言語化する技法を学びます。

栃木県にある農村指導者養成専門学校で、留学生と交流。農作業も行いながら、国内外における食と農とのつながりや、途上国の農村の実態について学びました。昼食はカレー!

Student Interview

文化人類学・民俗学を学んだら身近なお祭りも、違って見える。

囃子方として参加してきた地元の祭礼。ゼミでの学びを通して客観的に見つめ直すと、これまで「あたりまえ」のこととして特に意識していなかったものにも気づけるように思います。さまざまな人が関わって古から現代まで続いてきた文化は、時代や社会に溶け込みながら、少しずつかたちを変えてきました。大きな転換期を迎えた「新たな生活様式」の時代、祭礼がどのように変化していくのか、強い興味を感じています。


研究テーマは、日常の中に。「当たり前」を覆されるおもしろさ。

一般的にはあまり関心を持たれないようなことにも注目し研究できるところに、文化人類学のおもしろさを感じています。私が卒業研究で取り上げたのは「カレー」。レトルトカレーの誕生前後で時代を分け、どのようなカレーがあったのかを食材と調理面から調査。そこから、新たなカレーの複雑化と誕生の背景に迫りました。自分が好きなテーマを探し選び出すことで、長い時間がかかっても楽しく研究できることを実感しました。