江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

学校インターシップ II 体験レポート

~幼稚園 3 日体験~

ある学生の体験レポートのうち、ある 1 日を紹介します。


7:50 出勤


・出勤したら、保育者と一緒に園庭の設備をしたり、廊下を掃除する。
・朝のミーティングで 1 日の流れを確認する。

8:50 登園


・子どもたちに元気に挨拶をして、明るく一日がスタートするように心がける。
・自由に遊べるように、遊び道具を準備する。子どもたちに加わって一緒に遊ぶ。

10:00 電車に乗って公園に向かう。


・電車に乗る時の注意事項を伝えて、全員揃っているか確認して出発する。
・電車のドア付近に立ち、子どもたちが手を挟んだり転落しないように配慮する。
・電車内では、他の人の迷惑にならないように、子どもたちを壁側へ誘導する。

・公園までの道のりで見つけたものや、鉄橋から見える景色など子どもたちに伝えて一緒に楽しむ。
・公園では、アスレチックで遊んだり鬼ごっこしたり、思いっきり身体を動かして遊ぶ。

11:40 公園を出て幼稚園に戻る。


・電車の乗り降りや、踏切を渡る時には十分に注意をして、駅では必ず人数確認をする。

12:00 お昼ごはん


・園に到着したら、着替えを手伝ったり、お弁当の準備を一緒にする。
・電車や公園での話をしながら子どもたちと楽しくお弁当を食べる。

12:30 自由遊び


・全体の様子を見ながら、砂場や絵本・お歌など時間になるまで一緒に遊ぶ。
・おかえりの歌を歌う。


<実習を体験した学生の感想>

しんまつど幼稚園は『心ゆくまで遊び、自ら考える力を育む』という教育目標のもとに保育活動を行っています。
そのため、自由遊びの時間は、室内・室外を自由に出入り出来るようになっていたり、空箱やテープ等、工作に使えるものも豊富に用意されていました。子どもたちは充実した保育環境の中で、自分なりに遊びの中からたくさんのことを学んでいるように感じました。
また、子供同士のトラブルが起こった際には、否定的な言葉は使わず、「お友達は今、どんな気持ちかな」と、子どもたちが相手の気持ちも考えるように、先生方は指導していました。
3 日間を通して私は、子どもたちにより良い学びや新たな発見を促すために細やかな配慮や、日々の観察、子どもたちの個性を理解する事が大切だと感じました。

柳澤優希さん(しんまつど幼稚園にて)