江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

キャンパスライフ
海外研修

体験レポート

シンガポール研修

社会学部現代社会学科 3 年生 星野あゆりさん

シンガポールは、多国籍国家の国だ。そのため、街を歩いていると英語・中国語・インド語のような文字が書かれているお店がたくさんあった。ガイドさんによると、シンガポールは英語の他に中国語、マレー語、タミル語が公用語とされているため、第二カ国語(自分の民族の言葉)を幼い時から学び、だいたいの人は二カ国語を話すことができる。最近は、プラス日本語、スペイン語を学んでいる人も多いという。

一日目に街を歩いていると、様々な言語が飛び交っていてとても驚いたし新鮮だった。
二日目は、B&Sというシンガポール国立大学の生徒の方に大学やシンガポールの街を案内してもらった。案内してくれた学生も英語の他に中国語を話せて、今は日本語を学んでいて英語と日本語を使って話してくれた。市内を観光しているとやはり多国籍国家なので、中華街やアラブストリートがあり綺麗なモスクが並んでいて、いろいろな国を一度に旅した気分になった。夜はナイトサファリに参加した。お土産ショップで困っていると英語と日本語を混ぜながら話してくれた店員さんがいてすごいなと思った。
三日目は、ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行った。USSではアナウンスなどは英語、中国語だったが、たまに日本人だとわかると日本語で話しかけてくれるスタッフの方がいて嬉しかった。また、アトラクションでほかの国の人とも話せて嬉しかった。

私はこのシンガポール研修で日本人は日本語しか話せない人が多いが、シンガポール人は語学力があり見習わなくてはと思った。また、自分にはまだまだ語学力がないと感じたし、もっともっと語学を頑張ろうと刺激を受け、語学の大切さを改めて感じた。
私は、ニュージーランド研修とシンガポール研修に参加し異文化交流をし得たことがたくさんある。いろんな人に海外研修を薦めたい。

大学校旗

モスク

スチームボートという料理を食べた

地下鉄乗り場

ナイトサファリ

マリーナベイサンズの下

市内バス2階建て

USS

シンガポールの夜景