江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

キャンパスライフ
海外研修

ニュージーランドスカラシップ体験レポート 綿引 桃花さん

English is a universal language. English is spoken by many people of the world. If I can speak English, I can understand almost all people.

マッセイ大学 アルバニー校
6週間〔 2015年2月7日~2015年3月23日 〕
メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科
綿引 桃花

不安と期待

私の英語クラスは中国人 9 人、サウジアラビア人 4 人、日本人 2 人の計 15 人であった。初めてクラスに入った日、先生が言っていることも問題の意味もわからず、これから 6 週間やっていけるのかという不安を抱いた。その一方で、これからが楽しみという感情も抱いた。

英語の夢を見る!

1 日の授業は 1 限 Reading&Writing 、2 限 Speaking 、3 限 Reading であった。すべての授業において語彙力と発想力のなさに頭を抱えた。英単語の意味を説明すること、あるテーマについてスピーチ・ディスカッションすること、レポートを書くこと、当たり前であるがすべて英語である。最初は不安だらけであったが、日数を重ねるごとに理解度が上がり、次第に自分から話せるようにもなっていった。1 日中、英語を聞いて話して生活していく中で、3 週目から英語で夢を見るようになった。

ホストファミリーとの邂逅

中国出身のクラスメートはよくアニメや日本食の作り方、日本語について質問してきた。私は大学で中国語を勉強しているので、中国語で自己紹介すると「すごい!」と日本語で返してくれた。この 6 週間は、英語と中国語を学ぶことができる環境にあったので、私にとって最高の学びの場であった。
NZ での生活は昨年と変わりなく同じホストファミリーで、「ホストファミリーと再会する」という夢が叶った。日曜日には教会で音楽を楽しんだ。教会にはいくつかの種類があるようで、私のホストが通っている教会では生演奏に現代風のメロディーでバンドのライブのようなものであった。4 週目の週末にホストの友人家族とともにキャンプへ行った。オリオン座が日本と変わらずに見ることができて感動した。
昨年はホストにふるまうことができなかった日本料理、お寿司とお好み焼きとプリンを作った。ホストが「作り方を覚えたい」と言って、一緒に作ってくれて「おいしい!」と喜んでくれた。「まだ帰国したくない!」と思うことが日に日に増している。CHONG Family と出会えたことに本当に感謝している。


なぜ英語を勉強するのか

今回のスカラーシップ研修で考える機会を得た。「なぜ英語を勉強するのか?」今まで考えたこともなかったが、様々な場所へ行ってみたい、世界中の人と話をしてみたいからであろう。そして、次の世代に世界について知ってもらったり、コミュニケーションのツールである英語を教えたりしたい、とより強く思うようになった。
2012 年 3 月、オーストラリアに初めて高校の海外研修で滞在した。このとき私は “Can I help you?” とさえ、言うことができなかった。この悔しさともどかしさが、さらに私を英語に近づけているのである。3 年経った今、まだ十分ではないが、初めてホームステイしたときよりもはるかに英語を理解し話せるようになっている。次の 3 年後は中国語も話せることを目標に勉強を続けていきたい。そう思わせてくれた 6 週間であった。

I stayed in New Zealand for six weeks and I have got a lot of experiences there. I feel I have so much grown up in mind even for a short term. I want to speak English more fluently to communicate with many people. I love English.