江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2017.01.11

土器屋由紀子名誉教授の著書『日本一の高所・富士山頂は宝の山』出版

土器屋由紀子名誉教授の著書『日本一の高所・富士山頂は宝の山~観測と信仰から読み解く霊峰の頂~』(共著:公益財団法人静岡県文化財団)が昨年秋に出版されました。しずおかの文化新書「シリーズ富士山」の第 5 弾で、富士山頂に着目したものです。大気が地上の影響を受けない自由対流圏に属する富士山頂は、大気化学、宇宙線・雷、高所医学などあらゆる研究・教育分野において非常に有効な観測地点として注目を集めています。土器屋先生は富士山測候所の科学的価値や研究・教育の動向、これからの展望について解説しています。

<土器屋由紀子名誉教授プロフィール>
東京大学農学部卒業、農学博士。専門は環境科学。東京大学農学部農芸化学科、気象大学校、東京農工大学、江戸川大学で分析化学、環境科学などの研究と教育に従事。2004 年に無人化された富士山測候所の有効活用にむけて「認定 NPO 法人富士山測候所を活用する会」の立ち上げに参加、同理事を務め、富士山頂での大気観測に長年取り組んでいる。江戸川大学名誉教授。
主な著書:『変わる富士山測候所』(江戸川大学土器屋由紀子ゼミ編、春風社 2004)、『気象ブックス 034 フィールドで学ぶ気象学』(森島済と共著、成山堂書店 2010)、『よみがえる富士山測候所』(共編著、成山堂書店 2012)、『NHKカルチャーテキスト:水と大気の科学-富士山頂の観測から-』(2014)ほか

「しずおかの文化新書」(公益財団法人静岡県文化財団)

~著書に関する土器屋先生の講演会~

「しずおかの文化新書」講演会
テーマ:富士山
講師:土器屋由紀子
日時: 2 月 18 日(土)14 時開演(13 時 30 分開場)
会場:グランシップ 2 階映像ホール
参加費:500 円
主催:公益財団法人静岡県文化財団・静岡県
申込み・問合せ先:
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000

申込はこちらから

<参考リンク>

このページを共有