江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.12.15

学術情報課スタッフの谷川正継さんが『第 2 回 RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト』入賞

事務局学術情報課スタッフの谷川正継さんが『第 2 回 RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト』において「 80 周年記念賞」を受賞しました。
このコンテストは RICOH THETA を利用したアプリやガジェットを募集したもので、11 の国と地域から 54 作品の応募がありました。谷川さんは江戸川大学の入学式や卒業式をライブ配信するために開発した「ライト(軽量)ライブ配信」の技術をさらに応用して、慶應義塾大学院生の山縣広和さんと共同で水中撮影用のリアルタイム配信システム『水中全天球ライブ配信システム i-Ball(アイ・ボール)』を完成させ、みごと受賞しました。講評では「ガジェットとして、大変な力作であると思います。高画質の水中映像を生でストリーミングできるよう、緻密に作られています。実際に触ってみて、その完成度の高さに審査員一同驚きの声を上げました。制作にかけたであろう労力も高く評価され、受賞の運びになりました」と高い評価を得ました。

『水中全天球ライブ配信システム i-Ball(アイ・ボール)』のデモ動画

◆谷川正継プロフィール
千葉大学文学部行動科学科卒、デジタルハリウッド大学大学院修了、デジタルコンテンツマネジメント修士。大学院時代に「ライブストリーミング研究会」の立ち上げメンバーで、様々な実験や実践を行う。江戸川大学においては学術情報課スタッフとして、2001 年から入学式を PHS 回線を使ってライブ配信するなど先進的な取り組みを行ってきた。2015 年までは江戸川大学メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科にて非常勤講師としてデジタル編集コースの指導を担当。いち早く講義に USTREAM を取り入れるなど、ライブ配信の利活用を研究している。
2011 年千葉県流山市の議会中継の監修を担当したことから「ライトライブ配信」という方法を開発し、2012 年の全国議会改革度調査で流山市の 1 位獲得に貢献した。

<参考リンク>

このページを共有