江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.06.03

柏市インターンシップ学生募集中

柏市が 6 月下旬からのインターンシップ学生を募集しています。

今年 2 月と 3 月に行われた柏市協働推進課の「1day インターンシップ」には、江戸川大学の学生も参加しました。若手職員との座談会のほか、グループワークが行われました。グループワークは、市民との共働によるまちづくりを進める協働推進課の仕事について理解を深めることが目的で、本学社会学部現代社会学科の土屋薫准教授がコーディネーターを務めました。

今回のインターンシップも協働推進課の仕事を中心に経験することができます。応募者多数の場合は、大学コンソーシアム東葛加盟大学の学生が優先され、書類選考で決定されます。江戸川大学は加盟大学ですので、江戸川大学生のみなさん、ぜひご応募ください。詳細は、柏市ウェブページでご確認ください。

3 月に行われた「1day インターンシップ」レポート
(社会学部現代社会学科 2 年生 生沼美夏)
「初めに、柏市協働推進課の仕事について『地域の発展のために市民の多様に複雑化したニーズと地域の問題に向き合いながら、地域の発展に取り組んでいます。しかし、行政の力だけでは複雑化した問題に取り組むには限界があるため、NPO法人や企業、大学や市民らが協力しあうようにすることも協働推進課の役目です』と紹介がありました。
若手職員との座談会では、協働推進課以外の部署の若手職員の方が参加し、仕事の内容ややりがいなどについてお話を伺いました。学生たちは真剣な表情で、メモを取っていました。

グループワークでは、大学コンソーシアム東葛に参加する学生が減っているといった課題が紹介され、課題解決のために 2 つのテーマを 4 チームに分かれ提案することになりました。一つ目のテーマは、「学生の力で地域を活性化させるには」で、地域にどのような問題があるかを推測し、学生が行える地域活性化のプランを考えました。二つ目のテーマは「学生交流スプリングイベント企画」で、学生が好きなことを考え、学生の使える資源を活用しどのような交流イベントを行うか考えました。どのチームも多くの意見を出し合い、話し合いはとても盛り上がっていました。多くの学生が『学生という立場でアイディアを出し合い、チームで議論したことが勉強になった』と感想を述べていました」

<参考>

このページを共有