江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.03.08

内藤和明ゼミ 2 年生の海外ロケ実習レポートVol.2

メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科の内藤和明ゼミナール 2 年生の台湾・台北でのロケ実習レポート第 2 弾です。今回は、これまでの準備の様子を加藤未来さんと横澤茉実さんがレポートします。

台湾・台北ロケ実習 いよいよ出発!

週 2 回のミーティングを続け、ロケ台本制作やカメラ講習などの準備を進めてきました。

ロケ台本の制作では、番組のコンセプトを考えず、いきなりそれぞれが台湾・台北のグルメのリサーチを始めました。ミーティングで各自発表するのですが、多くの提案があがり、どの提案がよいかも意見がまとまらず、さっそく行き詰まりました。内藤先生のアドバイスで、まずはコンセプトを決めることにし、「台湾ならではのものにしよう」ということになりました。紆余曲折を経てやっと決まった番組のテーマは「台湾・台北で最大の観光地とされている士林夜市」。意見をぶつけ合いながらも、一つにまとめていくためには方針が大事なのだと学ぶことができました。

台湾・台北のグルメリポートをする番組なので、テーマが決まったら、次はどんなグルメを紹介するか企画(店舗)決めをしました。そして、採用された企画を提案した人を含む 2 人が、その店舗の担当ディレクターになります。ディレクターは担当店舗のロケ台本を制作します。ロケ台本はミーティングに持ち寄って、台本を制作する上で悩んだことを相談したり、細かいカメラワークやアングルを決めたりして完成させました。

2 月 2 日は結団式を行った後、スケジュールの確認をしました。1 ヵ月後には行くんだと現実味が帯びて、気持ちが引き締まりました。2 月 16 日にはカメラ講習を行いました。今回のロケで使用するカメラはソニーの XDCAM 。授業では使っていないので、2 年生が 1 年生に使い方を教えました。1 年生は熱心に説明を聞いて、積極的にカメラを触り、一生懸命覚えようとしていました。自主練習をする 1 年生も大勢いて、ひたむきな姿勢が感じられました。

台湾ロケを間近に控え、今はカメラワークの最終的な確認や現地でのスケジュールの最終調整などを行っています。台湾に行くという実感がいよいよ湧いてきて、緊張と不安で胸がいっぱいですが、がんばりたいと思います。
(加藤未来、横澤茉実)

このページを共有