江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.02.24

内藤和明ゼミ 2 年生の海外ロケ実習レポートVol.1

メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科の内藤和明ゼミナール(テレビ番組・映像コンテンツ研究)では、専門ゼミナールが始まる前から自主的なゼミ活動がスタートします。

2 年生の 10 月末に翌年からの内藤和明ゼミナール所属が決まると、11 月からさっそくゼミ活動が始まります。2 年生のゼミ活動で海外ロケ実習を行います。ロケ地は台湾・台北と決まっているので、まずネタのリサーチから開始します。週 2 回の会議では、ゼミ生がそれぞれ調べた内容を発表し、それらのネタをどのように取材し、番組として構成するのかを話し合い、準備を進めます。

この台湾ロケには、放送業界を志望する 1 年生も参加することができます。例年は 6 名までとして選抜をするのですが、今年度の 1 年生はきわめて高い熱意があり、応募した 17 人全員が参加できることになりました。
また、このゼミ活動には、4 年生も 1 年生の指導のため参加します。卒業論文の執筆の合間を縫って、1 年生の会議に参加し、アドバイスをします。12 月 22 日に卒業論文を提出した後は、3 月の海外ロケ実習まで、1 年生の面倒をみます。4 年生は 1 年生の指導をすることでこれまで学んできたことの研鑽をし、4 月から自信をもって放送業界に就きます。

今年は 3 月 8 日に出発、5 泊 6 日をかけ海外ロケのノウハウを学びます。2 年生は 11 人で1班、1 年生は 9 人と 8 人に分かれ2班を編成します。4 年生は 14 人で計 42 人が参加します。台北のテレビ番組コーディネーション会社 IDEA の協力のもと、3 班それぞれが考え抜いた構成でロケを行います。

次回は、ネタのリサーチから決定までの活動についてお知らせします。お楽しみに!

昨年( 2015 年) 3 月に実施した台湾・台北ロケ実習の様子

このページを共有