江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.02.10

内藤和明ゼミ 3 年生の海外ロケ実習レポート Vol.1

メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科の内藤和明ゼミナールでは、テレビ番組及び映像コンテンツの研究を行っています。視聴者の動向・心理分析の方法を学び、テレビ番組の内容や演出方法を研究します。

まず 3 年次に、約 1 年をかけてロケをする国とネタを決定します。ゼミ生の一人ひとりが企画を立案し、プレゼンテーションを行うのですが、内藤教授の厳しいチェックを受け 4 カ国のロケテーマに絞られます。ゼミ生は 4 班に分けられ、さらに細かいリサーチを行い、VTR の構成内容を考え、毎週会議で各班がプレゼンテーションを行い、ディスカッションを続けます。企画が出尽くしたところで最終的にロケ地を 1 カ国に絞ります。そして、 4 年次には、この海外ロケで撮影した素材で短編の映像番組作品を制作することで、視聴者に受け入れられるテレビ番組とはいかなるものであるかを研究します。

今年のロケ地は、アメリカのサンディエゴ!メキシコとの国境に接し、アメリカにいながらにしてメキシコ文化を味わえます。それだけでなく、実際に国境を越えてメキシコを体験することもできます。治安もよく、ロサンゼルス空港経由での日本からのアクセスも良好で、飛行機代も安くすむという費用面など、さまざまな要素を総合的に判断し、サンディエゴに決定しました。


内藤ゼミの海外ロケ実習の様子について、現地からのレポートなど、このウェブサイトで随時お知らせしていきます。
次回 Vol.2 では出発予定日である 2 月 27 日(土)までの準備の様子をお知らせします。どうぞお楽しみに!

昨年2月に実施したNYロケ実習の様子

内藤ゼミは、これまでにニューヨーク州マンハッタン、ハワイ州ホノルル、河北省、香港、韓国、台湾などでロケを行ってきました。この海外ロケ実習は机上の情報と現実とのギャップを経験し、言葉が通じぬ予想外の異文化に触れることで眠っていた好奇心を呼び覚まし、新たな知的欲求を育成する絶好の機会となっています。

このページを共有