江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2015.11.19

江戸川大学国立公園研究所が自然保護法制度に関する講演を実施

江戸川大学国立公園研究の親泊素子所長(社会学部長・現代社会学科 専門:環境政治学)が、 11 月 28 日(土)に筑波大学自然保護寄付講座公開講座において「現代社会における国立公園の役割―ふるさとの風景と国立公園―」をテーマに、自然保護法制度に関する講演を行います。また、台湾政府からの要請により、台湾陽明山設立 30 周年の国際シンポジウムでの講演を 12 月 1 日(火)に行います。
江戸川大学国立公園研究所では、日本をはじめ世界の国立公園に関する研究を行っており、国立公園研究・教育を行っている他大学、環境省や地方自治体、民間の機関や国立公園に携わるナチュラリストやインタープリターとも協力、連携し、国立公園運営に携わる行政担当者、ボランティアなどの関係者と連携した事業・イベントの実施に取り組んでいます。

親泊素子教授

このページを共有