江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2015.10.21

10 月 25 日(日)開催の流山市民まつりに、江戸川大学生 65 人がボランティアとして参加

流山市民まつりは、キャラクターショー等がある「ステージ」、流山の良品が並ぶ「青空市」、姉妹都市や友好都市の特産品が並ぶ「物産展」、名店の味をリーズナブルに味わえる「森のグルメレストラン」、「福祉コーナー」、フワフワ遊具が設置された「子ども広場」やはしご車の試乗体験ができる「働く車コーナー」などのエリアがあり、幅広い年代の人が楽しめる、流山市のなかでも大きなイベントの 1 つです。年々来場者は増えており、昨年は 3 万人を超える来場者がありました。

江戸川大学の学生は流山市民まつりにボランティアとして 2008 年から参加し、学生リーダーを中心に先輩から後輩へと代々引き継がれて、7 年間ボランティア活動を続けてきました。今年は社会学部人間心理学科の細谷美雪さん、メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科の長山梨央さんを中心にボランティアグループを形成し、組織的に活動を進めています。

流山市との打ち合わせは 6 月から始まり、江戸川大学生はすべてのエリアの他、駅前での案内、総合案内での場内アナウンスを持ち場として担当することになっています。
学内でボランティアを募る説明会を行ったところ、全学部全学科から 65 人の参加者が集まりました。初めて参加する学生も多いため、各持ち場の責任者を任された学生リーダーが教員のアドバイスでマニュアルを作成し、参加学生に対する説明会を開催しました。学生たちは、24 日(土)のイベント前日に準備作業を行い、25 日(日)の当日は持ち場で案内や誘導、清掃・搬入搬出等の補助作業を行います。なお、学生たちは持ち場のほか、流山市から依頼され、アンケートの配布と回収を担当しています。

江戸川大学生が運営を支える流山市民まつり。今年は、流山セントラルパーク駅東口の生涯学習センター周辺で行われます。ぜひ足をお運びください。

長山梨央さんと細谷美雪さん

長山梨央さんからのメッセージ
「私たちだけの力ではなく、多くの学生がボランティアとして参加してくれたり、学生リーダーがマニュアル作りなどしてくれました。また、市の職員さんや先生方に支えられ、やっとここまできたので、流山市のためだけでなく、応援してくださったたくさんの方のためにもぜひ成功させたいと思っています。皆さん、気軽に遊びに来てください」

細谷美雪さんからのメッセージ
「流山市民まつりでは、多くの江戸川大学生がボランティアとして参加しています。一人ひとりが自分の仕事を持ち、仲間や市役所の方と協力しながら、流山市民まつりを支えます。実行委員の長山をはじめ、学生リーダーの皆さん、ボランティアとして参加する皆さん、先生方、市役所の方がまつりまでの準備に協力してくださったので、絶対成功させたいと思っています。お時間がありましたら、ぜひ遊びに来てください」

このページを共有