江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2015.08.25

読売巨人軍のインターンシップに 3 年生 3 人が参加

江戸川大学から今夏 3 年生 3 人の学生が読売巨人軍のインターンシップに参加しました。実習ではジャイアンツアカデミー、ジャイアンツ球場におけるイベント運営補助や東京ドーム内の施設見学のほか、桃井恒和会長、長嶋茂雄終身名誉監督、原辰徳監督から直接訓示をいただきました。また、球団職員からは球団運営に関する具体的なお話を聞くなど、とても濃い内容となりました。学生たちは初めてオフィシャルな立場で実際の仕事を体験し、これから自分のキャリア構築を真剣に考えるための貴重な機会となりました。

■実習の感想
・竹内裕輝さん(社会学部 経営社会学科 3 年)
「歴史ある読売巨人軍というプロスポーツチームの球団マネジメントだけでなく、野球に興味を持ってもらう、楽しんでもらうというスポーツ振興の活動を経験できました。長嶋茂雄終身名誉監督から直接お話を伺ったりと、滅多に経験できない貴重な時間となりました。今回のインターンシップは今後始まる就職活動でも必ず活かせるものになったと思います」

・岡野翔平さん(社会学部 経営社会学科 3 年)
「今回、特に印象的だったのは振興部が行っているジャイアンツアカデミーです。このアカデミーはただの野球教室ではなく、プロ野球選手の OB が親切丁寧に子ども達に〝野球の魅力〟を伝えます。その子ども達が今度は自分の子どもに野球を教える、球場に連れて行く。このサイクルが野球振興に繋がるのです。スポーツ振興、球団経営のための具体的な中長期戦略を学ぶことができました」

・佐々木翠さん(メディアコミュニケーション学部 情報文化学科 3 年)
「インターンシップに参加してずっとファン目線だったものが、ビジネスという観点で野球に触れることができました。また、球団の会長、現場の原辰徳監督といった様々な役職の方とお話しする機会があり、仕事の内容だけでなく、どのような思いで仕事に取り組んでいるかを聞け、貴重な体験をしたと共に私自身もスポーツの仕事をしたいという気持ちがより強くなりました。このような機会を与えてくださった読売巨人軍、江戸川大学の先生方に感謝し、そして今回一緒にインターンに参加したみんなと将来スポーツの現場で共に仕事ができればいいなと思います」

東京ドーム内の施設見学

原辰徳監督から訓示

原辰徳監督と記念撮影


<参考リンク>

江戸川大学 就職・キャリア・資格