江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2013.10.22

水戸の梅大使に、伊王野求美さん(マス・コミュニケーション学科4年生)が選ばれました!

茨城県水戸市の観光PRを担う「梅大使」10人の一人に、本学メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科4年生の伊王野求美さんが選ばれました。
今回で52代目となる梅大使、審査会には男女106人の応募があったそうです。出身も水戸市という伊王野さんはとても郷土愛にあふれる、笑顔のすてきな女の子ですが、実は人と目をあわして話すのが苦手だとか。審査会前には、ゼミの佐藤教授にアドバイスをもらい、面接を乗り越えたそうです。すっかり自信がつき、今ではとても人と目を合わせられなかったとは思えない女性に成長していました。

さて、そんな伊王野求美さんに梅大使の抱負をお聞きしました。
「伝統ある水戸の梅大使に選んで頂けたことを、とても誇りに思います。大学四年間の集大成として、マスコミ学科で学んだきたこと「世の中の人々に何かを発信していくこと」に強い憧れがあり、それが活かせるお仕事ができたら、と思っていました。
いつか梅大使になることが私の目標の一つでもありましたので、未だ夢の中にいるような気持ちであまり実感は湧きません。けれど自分の番号と名前を呼んで頂いた時は本当に、心の底から嬉しくて、全身が震えました。(笑)
梅の都である水戸市の自然、新鮮で豊富な食物、歴史や文化の素晴らしさを、一人でも多くの方にお伝えできるように、梅大使一丸となって様々な行事に積極的に取り組みたいです。
「水戸って素敵だな、茨城県大好き!」と、より多くの方に感じてもらえて、足を運んで頂けるように、自分の役目に最後まで責任を持ち、笑顔とおもてなしの心で精一杯PR活動に励んでいきますので、どうぞよろしくお願い致します。」

梅大使の主なお仕事は、来年2月から始まる偕楽園の梅祭り。ぜひ皆さん、こぞってお出かけください。

下段右から二人目が伊王野求美さん