江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2012.10.03

江戸川大学ニュースNo.155

江戸川大学学生記者の制作した紙面

江戸川大学学生記者の制作した紙面

千葉日報社(千葉市中央区)が今年はじめて企画した「CHIBA University Press」(チバユニバーシティプレス)において、本学の学生記者が制作した記事が優秀紙面奨励表彰を受けた。この企画は、「新聞づくりを通して、将来の社会人として必要なメディアリテラシーを大学生に学ばせ、情報発信力の強化につなげるとともに、大学と地域の相互理解の向上にも資する」ことを趣旨として実施されたもの。

参加したのはメディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科清水一彦教授のゼミ生5名。敬愛大学、淑徳大学、城西国際大学、千葉大学、東京情報大学の学生記者とともに千葉日報社の担当者から研修を受け、紙面づくりに取りかかった。本学の学生記者が取り上げたのは「高齢者のレジャーとゲームセンター」。現代社会が抱える問題に切り込んだテーマだ。「他大学との差別化を図るにはこれしかない」メンバーの1人、鈴木さんの熱意がほかの4人の心を動かした。担当を振り分け作業に入り、雑誌「POPEYE」(ポパイ)編集長の経歴を持つ清水教授のアドバイスを受けながら紙面を作り上げた。
5月11日から6週にわたり各大学の制作紙面が掲載されたほか、6大学の代表学生記者による森田健作千葉県知事と熊谷俊人千葉市長へのインタビューも企画された。本学からは松村さんが参加し写真撮影を担当。しっかりと構図をとらえた写真が掲載された。

9月27日、オークラ千葉ホテルにおいて閉講式および表彰式が行われた。優秀紙面表彰を受賞したのは千葉大学の皆さん。そして、優秀紙面奨励表彰に本学の学生記者が選ばれた。実はこの賞は、最終審査で3対2に分かれ惜しくも優秀賞を逃した本学記者にも「何らかの表彰を」と急きょ設定されたもの。本学の“足で稼いだ独自ダネ”が高い評価を得たのである。

閉校式・優秀誌面表彰式で、紙面制作に携わった5人の感想は次のとおり。
岡本拓海さん:「メンバーの意見で決まったテーマについて、データ的な裏付けがあるといいと清水先生からアドバイスをもらい、グラフを担当しました。使えるデータ探しのため図書館で白書と格闘しました。記事を書く上で、情報収集能力も必要なことが実感できました」

閉校式・優秀誌面表彰式で

閉校式・優秀誌面表彰式で

坂上祥太さん:「取材を担当しました。ゲームセンターの店員さんのインタビューはすんなりいったのですが、お客さんに取材を申し込むのにとても苦労しました。今回特別に賞をいただき努力の結果がでたことを喜ばしく思います」

鈴木大基さん:「今回、優秀紙面奨励彰をいただきとても嬉しいです。トップの記事を担当させてもらい、一番重要な部分なのでしっかりやろうと頑張りました。取材チームやインタビューにご協力いただいた方に感謝をして、また機会があればぜひ参加してみたいと思います」

松村悠さん:「ひとつの紙面を作るのに、本当にたくさんの人の協力と苦労があって完成するのだと実感できました。良い体験ができたことと、協力してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。取材の大変さやチームワークの大切さを改めて理解できました。次回もぜひ参加したいです。」

山根勲さん:「終わってみて感じたのは、もっといいものが出来たんじゃないかという後悔。レイアウトを工夫すれば、写真をもっといれれば、と悔やんでしまう。経験を通して感じた悔しさを、これからの人生に活かしていきたい」

学生記者として貴重な体験を得た5人の学生。卒業までの間にさらに多くの経験を積み社会へ飛び出してほしい。

取材のお願い
上記について、取材にきていただければ幸いです。ご遠慮なくお問い合せください。
発行元 : 江戸川大学 広報センター
〒270-0198 千葉県流山市駒木474
TEL : 0120-440-661 FAX : 04-7153-4596