江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2013.06.10

シラベッターラ・スゴカッターナ来週15日(土)は、「プラスαの自分づくりを応援する、中央学院高校」を紹介します!

本学が提供するラジオ番組、ベイエフエムの「シラベッターラ・スゴカッターナ」では、地元千葉県内の高等学校を紹介していくことで、千葉県民のリスナーの皆さんに、千葉の活性化や地元への愛情をより深めていただきたい、そして県外のリスナーの皆さんにも千葉の魅力を紹介していきたいと考えています。

第3回目は、千葉県我孫子市の中央学院高校をご紹介します。
中央学院高校は昭和45年に創立された、剣道と弓道を校技としている高校です。男子は剣道、女子は弓道を3年間体育の授業のときに学び、武道の「礼の精神」を身につけます。高校の敷地には、伝統を感じる武道館と新しくてとてもきれいな弓道場があります。そんな校技ですが、入学してくる生徒さんの9割は未経験者。授業では剣道部、弓道部の生徒さんが、できなくてとまどっている生徒さんを助けて教えてあげたりなどしていました。日本伝統の武道とあって、どちらも礼に始まり、礼に終わる。同じスポーツでもサッカーや野球とは違って、礼の後は黙祷をして精神を整え、練習をしている間もとても静か。かけ声だけが響き渡ります。男の子も女の子も袴をはいた姿は、背筋が伸びて、きりっとして、とてもかっこいいものでした。

そんな中央学院高校ですが、校舎はここ数年で建て替えたばかり。コンクリート打ちっ放しの白い壁に教室の大きな窓にかかるグリーンのカーテンがとてもさわやかで、開放感あふれる校舎です。脱ゆとりを目指して、週6日制を今年4月から導入したそうですが、緑溢れるすばらしい環境に居心地のよい校舎、生徒の皆さんもむしろ家で暇をしているよりも学校に来た方がよいと肯定的に受け止められているようです。

高校の紹介をして下さった横田一弘先生

剣道部顧問の井谷栄人先生(右)と取材を
する本学学生の上原美樹さん(左) 武道
館の前で

弓道の授業では静かな時間が流れる

うまくできない人を手伝う弓道部の生徒さん(弓道場にて)

校技剣道の授業の様子

インタビューに答えてくれた男子生徒の皆さん