江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2013.01.16

第100回(最終回)「ローカルデザイン研究会」のお知らせ

今回は、日本デザインセンターのご厚意により、銀座の素敵な会場「POLYLOGUE」をお借りして行います。
ほんとうにみなさま、ありがとうございました。研究会終了後、ささやかなパーティを会場近くで行う予定です。最後となります研究会に、ぜひおいでください。

◆日 時:
2013年1月26日(土)15時00分~18時00分
14:30 開場
15:00 開演 ゲストの紹介
15:05 小林さんのお話(50分)
15:55 春日さんのお話(50分)
16:45 休憩(15分)
17:00 二人のお話と質疑応答

17:40 終わりの挨拶と会場からの発言
18:00 懇親会会場に移動
18:30 会場を退出完了
19:00 懇親会
21:30~22:00 終了予定

◆会 場:日本デザインセンター 東京本社13FのPOLYLOGUE
〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-13 銀座4丁目タワー(受付13F)
Tel. 03-6264-0300(代)

◆最寄り駅:JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」、銀座線「銀座駅」、日比谷線・浅草線「東銀座駅」
地図

http://www.ndc.co.jp/polylogue/#autoplay

◆ゲスト:
小林康生さん(門出和紙職人)、春日俊雄さん(荻ノ島自治振興会長)

◆タイトル:
「生紙(きがみ)が教えてくれること」(小林さん))
「荻ノ島集落から山里の未来を目指して」(春日さん)

◆内容:
(小林さん)
○文化(育てること)と文明(造ること)のバランス
○自然と会話するくらし(なつかしいを未来に)
○人は記憶の力によって生きるもの
○百姓に学ぶ生き方

(春日さん)
1988年から住民と行政が協働し、2ヶ年間かけて「住んでよし、訪れてよしの高柳づくり」ビジョンを作成。交流の里づくり、イベントの開催、特産品開発、人材養成に取り組み、その結果交流人口は3万人から23万人に増加した。荻ノ島集落も「茅葺きの里」としてその一翼を担い、茅葺きの景観維持活動と共に1993年から公設民営の茅葺きの宿を開設、これまでに入込客2万人、売上2億円を上げてきた。
しかし、人口減少(自然減)や少子高齢化が進み、集落の活力が著しく低下。茅葺き家屋もかつて20軒を超えていたが現在8軒にまで減っている。さらにこの中には空き家が2軒含まれている。集落の今後を考えると、これからの10年は、これまでの20年間の延長では無い、新たな取り組みが求められている。
それは「集落の再生産活動」とも言えるもので、その挑戦の狙い、夢を話してみたい。そして山里の未来を拓きたい。

◆プロフィール: 小林 康生 氏
○1954年 新潟県柏崎市高柳町門出生まれ
○1976年 門出和紙生産組合を設立、組合長となる。
○1982年 地域おこしのグループ「水曜会」を設立し、都市との交流活動やかやぶきの里、じょんのび村構想に関わる
○1983年から1994年まで高柳町議会議員を務める
○1991年 かやぶきの宿の運営をする「門出ふるさと村組合」を設立
現在に至る

◆プロフィール: 春日俊雄 氏
1951年生まれ、新潟県柏崎市高柳町(旧刈羽郡高柳町)出身。
1974年より行政マンとして大阪府松原市役所、新潟県刈羽郡高柳町役場、柏崎市役所に勤務。1982年頃から高柳町の地域振興地に関わり始め、1988年から本格的に地域づくりに取り組む。住民と行政の協働活動による農山村滞在型交流観光プロジェクトで地域活性化や住民の自信と誇りの再生に取り組む。2011年に退職し、荻ノ島自治振興会長、荻ノ島ふるさと村組合長に選挙で就任。現在、荻ノ島集落の再生活動に取り組んでいる。

◆会費:
会場費や資料代など、社会人2000円、学生無料。
100回記念パーティを研究会後、18:00から21:00まで行います。
(会費は、社会人5000円、学生2000円)誰でも参加できます。

◆懇親会会場:日比谷SAKE HALL(さけホール)
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル 地下1階 Tel03-3572-7123

http://www.hibiya-bar.com/shop/sake_hall/index.html

◆申込期限:

1月18日(金)まで(先着順、今回は会場の関係で100人限定です。)

◆申し込み先:
星野幸大 l10051kh@edogawa-u.ac.jp (江戸川大学社会学部ライフデザイン学科3年)

◆関連ページ

LD研究会(ブログ)
LD研究会(グループページ)


LD研究会事務局長の斉藤哲也さんが管理しています。

◆諸注意:
※当日は、13階の会場まで、2つあるエレベーターを利用してください。
7階に結婚式場があり、混雑する可能性もありますので、お早めにおいでください。
※懇親会は定員が100名で、混雑が予想されるので、希望の方は早めに参加の申し込みをしてください。
※懇親会には、JR九州の電車のデザイナー、第1回の水戸岡鋭治さんにも参加していただけます。