江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2012.11.03

学生記者による「 いとうせいこうさんとたどる 現代浅草学入門」レポート

ゼミ生の発表を聞く(左から斗鬼教授、いとうせいこう氏、西条准教授)

11月2日、本学B棟1階のメモリアルホールで「いとうせいこうさんとたどる、現代浅草学入門」が開催されました。「世界一受けたい授業」等でお馴染みの現代社会学科斗鬼正一教授と、お笑い評論家・ジャニーズ評論家のマス・コミュニケーション学科西条昇准教授がトリオを組み、現代の浅草と芸能文化を語りました。

冒頭では斗鬼教授が浅草の街を文化人類学的視点から紹介し、次に斗鬼正一教授のゼミ生と土屋薫准教授のゼミ生が浅草について独自に研究したテーマを発表しました。

第2部では、いとうせいこう氏と西条准教授が対談し、渥美清さんなど昔下町に住んでいた有名芸人のディープな裏話に会場は引き込まれていきました。浅草にかつて劇場文化が栄えていた頃のパンフレットなど、西条准教授の貴重なコレクションの紹介もあり、来場者は興味深く見入っていました。

また、(浅草は東京スカイツリーの建設予定地であったが、地元住民の強い反発で話が消え、現在の業平橋に建った)と言われているなど、今も浅草が下町の情緒を残している理由、その魅力について、非常に面白いお話が聞けました。

日本で最初の遊園地の「花やしき」や、高層ビルの先駆けの「凌雲閣」には日本初のエレベーターがついている/中央から僻地であった浅草に流れ着いてきた「芸人」が日本中に演芸ブームを巻き起こした/「派手さ」と「地元への誇り」が同居した一種の「猥雑さ」が浅草の売り…いとうせいこう氏のさまざまなお話も非常に興味深いものでした。

いとうせいこう氏

B棟1階メモリアルホールでは、鉄道アイドルとしてコアな人気を誇る「ステーション♪」のライブ&握手・サイン会、本学の現代社会学科吉永明弘先生の「環境と倫理」公開白熱教室も開かれています。

参考リンク(江戸川大学研究者情報)

文・写真:学生記者クラブ 片田正記