入試Q&A

CATEGORY

AO入試

AO入試は他大学と併願できますか?

A. 江戸川大学のAO入試は第一志望のみ受験可能なので、他大学と併願することはできません。

エントリーとはなんでしょうか?

A. AO入試の面談を申し込みすることです。
江戸川大学のAO入試は、あなたの学習したいという意欲を活かし、将来の目標を実現するために、本学でのキャンパスライフが本当に有意義なものになるかどうか、入学を希望する学科の教員とじっくり面談を行い、お互いに納得したうえで入学を決定する入試です。

AO入試では、評定平均値の基準がありますか?

A. AO入試では、現在の学力よりも、今後伸びるであろう将来の能力を重視します。例えば、やる気や熱意といった、直接面談したうえで、その人を通じて伝わってくるものや、その人の将来性を感じさせる部分を積極的に評価します。

面談では、どのようなことが聞かれるのですか?

A. 入学したあと、はたしてまじめに、そして意欲的に学習するような人物かどうかを知るために高校生活全般や志望動機、興味のあること、将来の夢などについて、AO担当教員とざっくばらんに会話をします。自ら歩んだ自分史を整理すること、志望する学びの分野や学科についての理解を深めることが対策になります。また、状況により、適性や基礎学力などの素養を測る小テストを課す場合もあります。なお、皆が知っているようなニュースについては、自分なりの考えをまとめ、表現できるようにしておきましょう。

1回目と2回目の面談の間隔はどのくらいですか?

A. 原則1週間から10日程度です。ただし、遠隔地にお住まいの場合など、状況により1日2回の面談も可能ですのでご相談ください。

面談のあとの課題とは、どのようなものですか?

A. 1回目面談のときに、英語による課題、読書課題などそれぞれ個々に課題が出されます。志望学科や面談の内容により、課題内容は変わってきます。自分自身の力で、精一杯取り組んでください。
なお、こどもコミュニケーション学科については以下の解説をご参照ください。
こどもコミュニケーション学科のAO入試のポイント解説

合格内定はどのように出されるのですか?

A. 面談結果を中心にAO入試面談申込書の内容、学習課題などによって総合的に判断されます。合格内定は2回目面談の終了後、本人あてに随時通知されます。

AO入試で合格しなかった場合、どうしたらよいでしょうか?

A. 同一学科のAO入試での再チャレンジはできませんが、推薦入試や一般入試を受験することが可能です。その後の入試の判定にAO入試の結果は一切関係しません。

AO入試では調査書は必要ですか?

A. 合格内定後の出願時に提出していただきます。
なお、入学検定料も合格内定後の出願時にお振込いただきます。

一般入試について(平成29年度入試)

一般入試の方式を教えてください

A. 学科試験は2科目(英語・国語)で、マークシート方式です。
なお、こどもコミュニケーション学科のみ面接を行います。

一般入試の英語で「リスニング」は出題されますか?

A. 出題されません。

2期と3期の選択科目は、事前登録制ですか?

A. 試験日当日に選択します。両方の問題を配付しますので、試験開始後に問題を見てから解答科目を選ぶこともできます。

一般入試の併願方法は?

A. 複数学科の志願が可能です。入学検定料は変わらず30,000円です。

一般入試1期の試験日は2日間ありますが、どちらも受験することはできますか?

A. できます。両日受験しても検定料は変わりません。検定料は30,000円で、2日間受験することができます。それぞれの日程で合否を判定し、結果を通知します。

地方試験会場はありますか?

A. 1期初日(2/2)は仙台でも受験できます。なお、こどもコミュニケーション学科の試験会場は江戸川大学のみです。

大学入試センター試験利用入試について

大学入試センター試験利用入試の併願方法は?

A. 同一期の複数学科の志願が可能で、入学検定料は一律15,000円です。6学科すべてを志願しても入学検定料は15,000円です。

江戸川大学の一般入試との併願はできますか?

A. 併願できます。

配点を教えてください。

A. 平成30年度大学入試センター試験で受験したすべての科目から、高得点の2科目の成績を採用します。ただし、以下の3点に注意してください。
・「理科①」の基礎を付した科目は選択した2科目の合計点を1科目として扱います。
・「外国語」は大学入試センター試験の配点の筆記200点を100点に換算(小数点以下切り上げ)し、100点満点として利用します。英語はリスニング分の配点50点は除外します。
・「国語」は大学入試センター試験の配点の200点を、古典(古文・漢文)部分の配点100点を除外し、100点満点として利用します。

資料請求について

過去問題集はありますか?

A. 一般入試の過去問題集を送料とも無料で配布します。以下のページから資料請求できます。
資料請求

願書や大学案内などはどこで申し込めばよいですか?

A. 以下のページから資料請求できます。
資料請求

出願について

一般入試1期で両日受験するときは、調査書もそれぞれ必要ですか?

A. 調査書は、1通で構いません。

同一期の一般入試とセンター試験利用入試を併願するときは、調査書もそれぞれ必要ですか?

A. 調査書は、1通のみで構いません。

出願書類を直接持参していいでしょうか?

A. 入学課の窓口で受け付けています。以下の受付時間に提出して下さい。
平 日:午前9時〜午後4時
土曜日:午前9時〜午後1時

入学手続きについて

入学手続とは、どのようなことをするのでしょうか?

A. 入学手続期間中に入学手続時納付金を納入し、所定の入学手続書類を提出していただきます。提出書類は合格通知とともにお送りします。入学手続書類は郵送または入学課の窓口にお持ち下さい。締切日必着ですので、ご注意ください。

入学手続時納付金を教えて下さい。

A. 学費等一覧のページをご覧ください。
なお、状況により延納、分納のご相談にも応じています。
学費等一覧

奨学金はありますか?

A. あります。本学独自の奨学金のページをご覧ください。
日本学生支援機構奨学金については、こちらのページをご覧ください。
本学独自の奨学金
日本学生支援機構奨学金等一覧

特待生制度はありますか?

A. 入試における成績優秀者に対し、経済的支援を行うための特待生制度を設けています。
一般入試、大学入試センター試験利用入試、AO入試、推薦入試のすべての区分でチャンスがあり、最大で計 1,100,000 円が免除になります。詳細は特待生制度のページをご覧ください。
特待生制度

兄弟・姉妹が江戸川大学在学中ですが、入学を支援する制度はありますか?

A. あります。江戸川大学在学生及び卒業生の兄弟姉妹を対象とした学費減免制度で、入学金全額(32万円)が免除、授業料の納付年額の半額(34万円)が入学後4年間免除になります。
本学独自の奨学金

江戸川大学卒業生のこどもですが、入学を支援する制度はありますか?

A. あります。江戸川大学または江戸川女子短期大学・江戸川短期大学卒業生の子女を対象とした学費減免制度で、入学金全額(32万円)が免除、授業料、施設設備費、維持費及び実験・実習費の納付年額の半額(55万円)が入学後4年間免除になります。
本学独自の奨学金

被災したのですが、奨学金などの支援はありますか?

A. 「激甚災害」に指定された災害により被災された方、東日本大震災等による災害救助法適用地域で被災された方を対象に、被害の程度に応じて入学検定料・入学金を減免する制度があります(平成30年度入試)。
本学独自の奨学金

オープンキャンパスについて

服装は指定がありますか?

A. いいえ、服装は自由です。制服指定などはしておりません。上履きも不要です。

保護者も参加できますか?

A. はい、保護者の方もご参加いただけます。
大学の雰囲気や教育内容、施設・設備、入試制度などの説明はもちろん、学費や奨学金、一人暮らしについての個別の相談も承っております。
学部・学科の展示コーナーには、教員と在学生も常時おりますので、学科での学び、学生生活の様子などお気軽にご質問ください。

その他

学科のコースは事前登録制ですか?

A. 学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。
入学後のガイダンスで詳しい説明があります。

学生寮はありますか?

A. 提携学生寮があります。遠隔地から入学を希望されるみなさんに安心の住まいをご紹介できるよう、提携業者と連携し、「食事付学生寮」「学生マンション」「一般賃貸アパート・マンション」の3種類で住まい探しのサポートを行っています。
アパート・寮紹介

戻る