江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

清野 隆

社会学部現代社会学科 講師
博士(工学)

山梨県生まれ。東京工業大学工学部社会工学科、社会理工学研究科社会工学専攻で、社会工学、コミュニティデザインを学ぶ。2008年に学位論文「建築物保存にみる場所の履歴と都市の歴史性」を提出。博士(工学)の学位を取得。2009年から立教大学観光学部に着任し、プログラム・コーディネーター、助教として観光学の研究と教育に従事する。2014年4月より本学に着任。

研究分野:工学
専門分野:社会工学


社会工学は、多角的な観点から社会を読み解き、社会を構想する学問です。社会は、どのような人々によって構成されているか。その人々が生きる社会では、どのような問題が発生しているか。それらの問題を、どのような方法で解決するべきか。社会学、経済学、工学などを横断しながら、社会にアプローチする学問が、社会工学です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


社会は、時間の経過と共に変わりゆく存在です。その変化を読み解き、変化に対応する理論を考え、実践すること、それが社会工学の魅力です。日本では、戦後の成長社会から成熟社会、縮退社会へ移行し、社会・経済構造のリノベーションが求められています。また現代社会では、多様な立場と考え方を反映させた社会の構築も必要とされます。このような課題に応えることは容易ではありませんが、やりがいのある分野といえます。

研究テーマ


研究対象・領域が多岐に渡る社会工学という学問の中で、私は、歴史的な建造物や町並みなど、歴史景観を保全しながら、私たちの生活環境をつくる、「歴史景観デザイン」の研究を行っています。歴史景観とは、多くの人がすばらしいものと感じ、後世に残したいと考えるものだと思いますが、実際に歴史景観を保全する場合には、多くの課題が発生します。歴史景観の保全は、ただ一つの正解はありません。地域に関わる多様な人々の考え方を踏まえ、地域に適した特殊解を導くために、「歴史景観デザイン」の研究が必要とされています。

最近の研究活動


近年は、「歴史景観デザイン」の研究として「地域文脈デザイン」に取組んでいる他、農村の居住や観光の研究にも取り組んでいます。
1.地域文脈デザインに関する研究
都市をデザインするために、都市の歴史的痕跡を解読する研究を行っています。例えば、現代的な都市である東京の街中には、実にたくさんの歴史の跡が残されています。その特徴を読み解き、都市デザインに活かしていくことが求められています。国内では、川越や横浜、国外では、イタリアの都市を対象に研究しています。
2.農山村の集落居住と観光に関する研究と実践
農山村集落の歴史文化、伝統、生業、景観などを守り、住み継ぐための研究を行っています。日本の農村集落の多くは、人口減少と少子高齢化が進行し、様々な問題を抱えています。そこに、都市に住む人々が積極的に関わりながら、農村の魅力を住み継ぐ可能性を探っています。ここ数年、ゼミで、山古志村(新潟県)で、田植えと稲刈りも行っています。

担当科目


都市デザイン論、クリエイティブツーリズム論、近代化遺産論、歴史景観の保全、現代社会基礎、現代社会演習、現代社会実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究