江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

斗鬼 正一

図書館長
社会学部現代社会学科 教授
修士(政治学)

新聞・テレビ記者、プロデューサーを目指した大学で出会った文化人類学に魅了され、大学院修士、博士課程と専攻。江戸川女子短大から江戸川大学創設とともに着任、人間陶冶と生きる力を磨く文化人類学の魅力を学生に伝えている。
テレビ、新聞などのメディアでも、ミクロネシア、香港、ニュージーランド等での現地生活密着型フィールドワークを通して出会った、あまりに多様、複雑な人間とその社会という不思議な存在の魅力を発信している。

研究分野:文化人類学
専門分野:文化人類学


文化人類学は、世界諸民族のナマの社会、生活に迫るフィールドワークを武器に、人類最大の謎である人間・世の中、自分を探求する学問。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


文化人類学は、世界を、日本を旅し、人々とその生活に出会うことから始まる行動的な学問。しかも入り口は身近な不思議の発見、気づき。みんなの常識、当たり前を文化人類学理論で探求し、「目からウロコ」の大発見を楽しむ知的エンターテイメント。だから何といっても大事なのは知的好奇心と行動力。

研究テーマ


*香港、ソウル、クライストチャーチ、東京、大阪、京都、名古屋など大都市の文化人類学的研究
都市は、それを作った人、民族、社会を映す鏡である。それゆえ、都市における自然(動物、植物等)と人、超自然(鬼、怨霊等)と人のかかわり、そして人間自身の動物性とのかかわりといった視点から都市を研究することにより、それを作った人、民族、社会を読み解いていく。
*異文化と日本人のアイデンティティ研究
弥生、飛鳥、奈良の昔から、明治の文明開化、敗戦後、そしてインターネットの現代に至るまで、日本には多様な異文化が次々と伝播し、消化、融合して、現在の日本の文化が作られてきた。
そうした経緯の調査によって、日本人、日本文化を作り上げてきた隠れた仕組みと日本人のアイデンティティのかかわりを考察していく。

最近の研究活動


*東京の文化人類学的研究
 オリンピックを控えて激変する東京を、人々がどのように認識し、受容していくのかを考察している。
*グローバル化、国際化の文化人類学的研究
 近未来の日本は、グローバル化、国際化の進展とともに、多文化化は避けられない。多文化社会の経験が無い日本人、日本文化、日本の社会が、この荒波によってどのように変わっていくのか、変えていくべきかを、多文化化の先進都市香港、ソウルなどとの比較を通して考察している。
*世界の人、文化の多様性、そしてそれを研究する文化人類学の魅力を、テレビ、新聞、雑誌などのメディアで発信している。

担当科目


文化人類学概論、異文化コミュニケーション、多文化理解、文化人類学原論、フィールドワーク論、現代社会基礎、現代社会演習、現代社会実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


文化人類学は未知の人、文化との出会い、発見、驚きから研究が始まる。だから旅=趣味=仕事で、週末は東京街歩き、博物館巡り、マンウオッチング、休暇は日本、世界旅。学生時代に全都道府県制覇、海外は37か国。
鉄道やエスカレーターといった異文化の伝播も研究対象だが、実は幼時からの「鉄」で、自宅は電車基地、新幹線、モノレール、飛行機、船一望。
大好きなテレビ、新聞、映画、街歩きも、実はそれを通した人間・世の中研究の一環。