江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

中島 慶二

国立公園研究所長
社会学部現代社会学科 教授

日光、尾瀬、阿蘇、大雪山、慶良間、やんばるなど、国立公園や自然遺産など自然保護と地域づくりの現場で環境省レンジャーとして長く実務に携わってきました。またその経験をもとに、法律制定や予算新設など全国的な制度改正にも携わり、エコツーリズム推進法の草案づくり、ワシントン条約やラムサール条約に基づく国際協力、全国の鳥獣被害対策など、自然環境行政の最前線で現実の課題と向き合ってきました。

研究分野:環境学
専門分野:環境政策・環境社会システム


国立公園がその代表格といえる保護地域は、日本の自然保護、自然環境保全、生物多様性保全の最も主要な施策であるだけでなく、一方で観光行動の目的地でもあり、保護と利用をバランスよく調整していくことが求められています。保護地域がはらむ様々な問題を追究していくことは、人類が滅亡しないための方策を見出すことにつながります。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


「事件は現場で起きて」います。法律や制度や予算、すべては現場の問題を解決するためにあるといっても良いでしょう。現場で課題をとことん突き詰め、方針を打ち立て、関係者の説得に力を尽くすこと、そうして得られた現場の改善などの成果や経験は他に代えがたいものがあります。「現場に始まって現場に終わる。」です。

研究テーマ


日本の国立公園をどうすればもっと良い国立公園にすることができるか、というのが一番の問題意識です。日本の国立公園は、土地所有にかかわらず法律に基づく行為制限をかける形で成立していますが、国民の基本的人権である財産権との調整に常に配慮しながら指定や管理が行われています。こういった日本の国立公園の特性を踏まえて、改善に向けた法律や制度を研究しています。

最近の研究活動


国立公園の行政に携わっていた先輩や同僚とともに「国立公園論」という書籍を出版しました。

担当科目


自然遺産論、国立公園論、インタープリテーション論、環境の政治学、現代社会基礎、現代社会演習、現代社会実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


小学生のころから野鳥観察を趣味としています。最近では望遠鏡とスマホで撮影した野鳥の動画をYoutubeに投稿しています。