江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2017.01.30

勝沼フィールドワーク

11月10日(木)に現代社会学科の清野・吉永・崎本・大内ゼミが、山梨県勝沼地域(甲州市)でフィールドワークを実施しました。

ブドウとワインの産地として知られる勝沼では、「フットパス」のまちづくりが取組まれています。ルートを歩くことで、ブドウ農園、ワイナリー、勝沼宿、祝橋、日川とその水制、日川によって形成された崖線など、勝沼固有の風景を楽しむことができます。

今回のフィールドワークでは、学生たちがフットパスのルートで気になった風景や場所を写真に収めていき、フットパスの魅力を体感すると同時に、フットパスの構想方法を学んできました。

天候に恵まれ、心地よく散策することができました。遠方にうっすら雪を冠した南アルプスを望みながら、眼下には紅葉したブドウ畑が織りなすパッチワークが広がる、この季節ならでは勝沼の風景。最高でした。

なお、このフィールドワークは、江戸川大学・学内共同研究「キャンパス周辺の屋敷林景観の保全活用に関する研究」(平成28年度)に基づく調査として実施しました。今後、この経験を参考にして、大学キャンパス周辺の屋敷林フットパスを構想していきます。