江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.09.28

現代社会フィールド研修:高尾山実習

「現代社会フィールド研修」のプログラムの一つ、高尾山実習(鈴木輝隆特任教授と崎本武志准教授担当)では、高尾山の観光施設を詳細に見学し、高尾山の自然のあり方について幅広く学びました。

「TAKAO 599 MUSEUM」は、高尾山が誇る豊かな生態系や歴史など、世界でも稀有な魅力を独自性あふれる映像や展示で発信するミュージアムで、鈴木教授が設立委員長として尽力されました。今回は櫻井館長より、館の設立趣意や魅力について、八王子市産業振興部観光課の濱主任より、観光開発や自然環境保護の取り組みなどについて、講義をいただきました。

午後からは2015年4月にリニューアルされた京王電鉄・高尾山口駅を見学しました。リニューアルは日本を代表する建築家・隈研吾氏によって手掛けられました。今回は主任技師として建築に当たられた隈研吾事務所の草ケ谷氏より、デザイン設計やバリアフリーなど、高尾山口駅の構造について細部にわたる説明を受けました。

今回の研修を通して、学生たちは世界有数の登山客を誇る高尾山を中心とした周辺施設の魅力や意義について広範囲に学び、観光や地域づくりについて体感することができました。

真剣な表情で聞き入る学生諸君

「TAKAO 599 MUSEUM」の櫻井館長(右)と八王子市産業振興部観光課の濱主任

「TAKAO 599 MUSEUM」のプロジェクション・マッピング映像上演会

説明に当たる草ケ谷氏(右手前)と鈴木教授(左手前)

高尾山口見学の様子