江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2015.10.01

フィールド研修で東京港を見学

9月18日に、1年生向けの授業「現代社会・フィールド研修」の一環で、東京港を見学しました(大内田鶴子教授担当)。

今回は「水面と高架上から見た東京港の歴史と未来:東京オリンピックの準備状況」という内容で、全員が楽しみ、無事終了しました。

とはいえ、予想もしなかった大ハプニングがありました。9月17日のチリ大地震による津波注意報発表です。水上バスの乗船を楽しみにしてきたのに、すべて運休で、港内には一隻の船も航行せず、静まり返っていました。

東京みなと館の展望台から東京港を一望して、江戸時代の東京湾が浅瀬であったこと、小舟による荷揚げの様子、現代のコンテナふ頭やガントリークレーン、コンテナ船の説明を受けました。

暑からず寒からずの天気に恵まれ、若洲キャンプ場からゲートブリッジの真ん中まで登ってきました。一隻も航行してない東京港は、めったに見られない港の風景かもしれません。

最後は、材木の浮かんでいない貯木場を見学。江戸時代からの産業遺産がなくなってしまったと説明を受けました。ある学生は、新木場駅を降りた時に木のにおいに気付いたそうです。各種銘木が問屋さんの倉庫に置かれて、なんとか新木場の面子を保っていることが分かりました。

このページを共有