江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

野田 満

社会学部人間心理学科 教授
修士(文学)

東京都五日市保健所、秋川保健相談所心理判定・心理相談員をしていた時期は、多くの子どもの臨床上の問題と接しました。
また江戸川大学総合福祉専門学校 心理技術科・心理福祉科、こども福祉科の教員時代は、精神科領域、施設、保育園等と福祉関連に就職する学生の指導に従事してきました。
空間認知やイメージの発達的研究を行ってきたので、大学のゼミでは子どもの認知発達のあり方や、研究する上での捉え方を取り上げてきています。

研究分野:心理学
専門分野:発達心理学


発達心理学は、生から死までの精神活動や行為の変化過程を研究する学問です。しかし生物としての側面と社会に生きる側面の両方から捉えていかなければなりません。遺伝と環境というキーワードだけでなく、子どもの成長に従い、運動・社会性・認知的側面等々の多くの側面で適応的に変化していくプロセスを検討していきます。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


この分野の魅力は、自分が通ってきた時間を学問的な視点から分析し得ることと、ひっかかる現象の謎解きができることだと思います。悩んでいた子ども時代をすっきり出来るかもしれません。学ぶ上で大事なことは、子どもの視点に立ちかえることと、自分自身かつては出来ていなかったことに真摯に向き合うことでしょうか。

研究テーマ


空間認知発達の研究、主に心内での対象変換における身体的な役割を研究しています。例えば、逆さになっている状態の人形があれば、子どもはなんとか人形の真似をして、友達に逆さまであることを伝えようとします。そこで生じている「なる」という機制で働く様々な心のメカニズムについて探求しています。幼児、児童の知覚的な働き、また身体的な動きを研究データとしています。

最近の研究活動


子どもが認知課題を行う際に身体を道具として用いることの研究(道具としての身体の研究:科研より)
子どもが認知課題を行う際の身体各部の共変動(協調)と成績との関係(ぎこちなさの心理学的意味を探求する研究)
子どもの自己制御と認知課題や身体利用との関連についての研究(日常の行動が心の中で変換する能力と関係するという研究:大学共同研究より)

担当科目


児童心理学、発達心理学、人間心理学基礎、人間心理学実験演習、人間心理学実験実習、人間心理学特殊講義、基礎ゼミナール、専門ゼミナールI、専門ゼミナールII、卒業研究

趣味


ガーデニングが好きです。特にハーブが好きで、色々な種類のものを植えていて、フレッシュハーブティーにして飲んだりします。料理にも使っています。ハーブには精神作用や治癒の効果がありますが、違法行為があるのは残念です。また、ブラックベリー、ジューンベリーが好きでジャムにします。今年はポタジェも検討中。