江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

山本 隆一郎

社会学部人間心理学科 准教授
博士(人間科学)

東京生まれ東京育ちです。早稲田大学人間科学部に入学後、同大学大学院の修士課程・博士後期課程に進学しました。日本大学医学部公衆衛生学分野専修研究員、上越教育大学大学院学校教育研究科臨床・健康教育学系において助教、講師、准教授として勤務し(兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科博士課程を併任)、2016年4月に江戸川大学に着任しました。また研究の傍ら、臨床心理士を目指す大学院生の教育・臨床指導や、私自身も臨床心理士として心療内科を中心に心理臨床活動を行ってきました。

研究分野:心理学
専門分野:臨床心理学


臨床心理学は、不適応・苦悩・障害・人格的成長といった答えが一つに定まらない事柄(幸せや周囲の他者と一緒に素敵に生きるということ)を扱う学問です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


専門知識だけでなく、日々の生活の中で、多角的に物事を考え、自分自身がどのように感じ、考え、行動し、周囲と付き合っているかを振り返っていくことがとても大事です。

研究テーマ


・認知行動論からの睡眠問題の理解と援助
 1.不眠の維持・増悪に寄与する認知的要因の探索
 2.不眠者における睡眠評価の歪みを説明する要因の探索
 3.不眠障害のNosologyとPathology
・睡眠問題の行動疫学と公衆衛生学的アプローチ
 1.睡眠問題の行動疫学的研究(特に乳幼児期から青年期)
 2.国や地方行政、地域、家庭などマルチレベルでの睡眠公衆衛生戦略の検討
心身の健康問題(特に睡眠問題)がどのように発生し、維持し、悪化していくかを認知行動論から理解し、個別支援、公衆衛生学的な支援をどのように進めていくか研究しています。

最近の研究活動


現在は主に研究助成を受けている4つの研究を同時進行で研究しています。
1.不眠症患者における睡眠評価の歪みを説明する要因の解明(日本学術振興会科学研究費補助金若手(B):研究代表者)
2.女子学生を対象とした食行動異常発現・維持の要因分析と予防教育法の開発(日本学術振興会科学研究費補助金基盤(C):研究分担者)
3.未就学児の睡眠・情報通信機器使用の実態把握と早期介入に関する研究(厚生労働科学研究費補助金(健やか次世代育成総合研究事業):研究分担者)
4.睡眠教育パッケージの開発と教育現場における改善効果の検証(日本学術振興会科学研究費補助金基盤(B):研究分担者)

担当科目


臨床心理学、健康カウンセリング概論、人間心理学基礎、人間心理学実験演習、人間心理学実験実習、人間心理学特殊講義、カウンセリング演習、基礎ゼミナール、専門ゼミナールI、専門ゼミナールII、卒業研究

趣味


音楽は昔から好きでした。ブリストル系、渋谷系と言われている音楽が好きで、最近はビートテープ(ラップのないインストトラック)で素敵なものを探しています。海外で現地の音楽を探してみたり、友人から紹介してもらった音楽を聴いてみたり、想像もしなかった音やリズムに触れる瞬間がとても好きです。そして、集まった音楽を様々なシチュエーション(友達の結婚式や夜のドライブ、ちょっとお茶を飲む時)に合わせて選曲しています。PCDJコントローラーを使って曲間のBPMを合わせてミックスする自宅DJをしています。