江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

室城 隆之

社会学部人間心理学科 教授
博士(心理学)

上智大学法学部を卒業後、家庭裁判所調査官として28年間、非行少年や問題を抱えた夫婦・家族に対する心理臨床に従事してきました。その間、佛教大学で社会福祉学、放送大学大学院、東京成徳大学大学院で臨床心理学を学び、博士(心理学)の学位を取得。2015年4月から現職に就いています。精神分析的心理療法(個人・集団)、交流分析、ゲシュタルト療法のトレーニングを受け、臨床心理士などの資格を有しています。

研究分野:心理学
専門分野:臨床心理学


臨床心理学(カウンセリング)は,心理学の知識を用いて、こころに悩みや心配ごとを抱えた人々を援助するための、実践的な学問です。自分自身や相手の気持ちを理解し、より自分らしく生きることや、より良い人間関係をつくることにも役立ちます。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


臨床心理学を学ぶことによって、悩んでいる人の力になることができるようになるとともに、自分自身もよりいきいきと生きることができるようになります。ただし、そのためには、ありのままの自分と向き合い、また、ありのままの相手を受け入れるための覚悟とトレーニングが必要となります。

研究テーマ


・非行少年や犯罪者の心理と立ち直りに関する研究
・カウンセリング・心理療法(特に、交流分析、ゲシュタルト療法、精神力動的心理療法、集団精神療法)の方法と効果に関する研究

最近の研究活動


・最近は、様々な人々(大学生を含む)に交流分析やゲシュタルト療法を実施し、その効果を測定する研究を行っています。

担当科目


犯罪心理学、青年期の心理とメンタルヘルス、心理アセスメント、健康心理アセスメント、人間心理学基礎、人間心理学実験演習、人間心理学実験実習、人間心理学特殊講義、基礎ゼミナール、専門ゼミナールI、専門ゼミナールII、卒業研究

趣味


・スポーツは、何でも好きです。野球は高校時代にやっていましたが、現在は観戦だけです。テニスは時々、スクールに通っています。空手は5段で、師範代として教えています。
・そのほか、年に数回、いきものがかり、aiko、沢田聖子のコンサートに行ったりしています。