江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

「人間心理学実験演習」「人間心理学実験実習」

心理学の各分野で用いられる実験・検査法を、体験しながら学びます。
さらに、その結果を統計的に扱うデータ処理や分析、レポートの作成などを通して
3年次以降の専門的な学習・研究の基礎を築きます。

「心理学」を学ぶための基礎力+実験・検査法+結果分析・レポート作成スキル→科学的アプローチ

人間心理学実験演習

「人間心理学実験演習」、同「実習」では、心理学実験の手法を学び、実践する(室城 隆之先生ほか)。

心理学にはさまざまな分野があり、研究の対象や分析方法ごとに適した実験・検査法が採られています。その基本を学ぶのが、2年次の学習の中心となる「人間心理学実験演習」(2年次通年)と「実習」(同)です。実験・検査を正しく実施し、科学的で信頼性の高いデータを採取するための知識と技術を修得します。

「演習・実習」で扱うのは、学習心理学・発達心理学・精神物理学・認知心理学・社会心理学・生理心理学・臨床心理学の各分野で用いられる実験・検査方法です。それぞれの分野に関する基礎的な知識と実験・検査法を学び、得られたデータの統計処理と実験レポートの作成を通して、3年次以降のより専門的な学習と研究に向けた“トレーニング”を重ねます。

こうして実験・検査のための知識を身につけ、毎回の結果をレポートとしてまとめていく「科学としての心理学」は、決して楽なものではありません。しかし、そうして学ぶからこそ出会える発見や驚き、そして達成感は、大学での学びのおもしろさを実感させてくれるはずです。 授業中は少人数のグループに分かれ、専門的な心理学研究でも採用されている装置や器具を使って実験を行います。教科書に書かれた文字や講義での説明だけでなく、自分自身の具体的な経験から学べる実習を通して、心理学の各分野についての理解を深めるとともに、心理学の研究に必要なスキルを身につけていきます。

Student Interview
先行研究の論文をもとに、実験の成果を確かめる。

高倉 沙依さん

同じ実験をしているのに、グループによって違う結果が出ることも。その理由を明らかにするため、先行研究や文献をもとにさまざまな視点で考えていくのが「演習・実習」のおもしろさ。レポートへの指導がきびしいときもありますが、先生のアドバイスを受けて書き直したら、やっぱり「良いレポート」になったと実感できるんです。

高倉 沙依さん
人間心理学科 2年
日本放送協会学園高校出身

古谷 康太さん

初めて読んだ人でも理解できるような、分かりやすいレポートを書くのはとても難しいですね。
心理学では、人の心理を理解するために、さまざまな実験、検査、調査によって集めたデータを分析し、客観的に捉えていきます。努力の積み重ねによって、少しずつ明らかにしていく。その奥深さが心理学の魅力だと思います。

古谷 康太さん
人間心理学科 2年
千葉県立野田中央高校出身