江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

佐藤 毅

マス・コミュニケーション学科長
マス・コミュニケーション学科 教授
文学修士

教員として40年間、文学・日本語・小説作成・コミュニケーション学等を教えてきました。文章(論文や雑誌・新聞)に加えて、教室での講義、日本全国での講演、テレビ、ラジオへの出演など、執筆・講演等で語り部のように文学の楽しみを語り続けています。多くの反響が、私自身のエネルギーになっています。

研究分野:文学
専門分野:日本文学


江戸文学、明治大正昭和文学、現代文学と多岐にわたります。現代日本が忘れ去った美学にポイントを絞って、再度日本型のコミュニケーション能力、文章表現、小説の動向などを講義研究しています。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


小説は勿論ですが、テレビドラマ、演劇、雑誌、コミックとあらゆる表現を貪欲に見ている人は、講義の意図がすぐに分かります。グローバル社会、SNS全盛の時代で最も大切なものを考え続けています。

研究テーマ


長い鎖国の中で形成された日本型のコミュニケーション能力や美学こそがグローバル社会において発信し、誇れるものであるという視点から、日本的なもの、日本的な考え方を時代思潮、人物、作品から読み解きながら、日本の未来を考えています。

最近の研究活動


幕末から明治初期に来日した外国人が、日本の先進性に驚いた文章が多くあります。それらを読み解きながら、グローバル社会において日本が何を発信して行くべきかを考え、研究を進めています。

担当科目


教師論、マス・コミュニケーション基礎、マス・コミュニケーション演習I、マス・コミュニケーション演習II、マス・コミュニケーション実習I、マス・コミュニケーション実習II、マスコミ総合科目III、マスコミ総合科目IV、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


バレーボールと音楽が大好きです。どちらもリズムが命ですので、日常をリズム感良く過ごすために楽しんでいます。