江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.10.11

マスコミ学科 3 年の廣島里菜さんが Chiba ビジコン 2016『ちばビジネスアイデア賞部門』で『bayfm 賞』を受賞

受賞した廣島里菜さんとワンシート企画書

メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科 3 年の廣島里菜さんが 10 月 10 日(月)に開催された『第 2 回ちば起業家ビジネスプランコンペティション(Chiba ビジコン 2016)』の『ちばビジネスアイデア賞部門』で『bayfm 賞(株式会社ベイエフエム)』を受賞しました。
『ちばビジネスアイデア賞』は、ワンシート企画書にまとめられた独創的なアイデアや千葉の課題解決に賭ける熱い想いを評価する部門で、廣島里菜さんは千葉の観光振興を目的に『バーチャルタイムスリップ in 千葉』と題したアイデアを提案しました。
このアイデアは、映画やドラマなどでメディア化された滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を取り上げ、そのロケ地で AR(拡張現実)アプリを使ったスマートフォンをかざすと、作品のワンシーンや解説などが見られるというものです。
これらは、『企画プレゼンテーション論』(指導教員:江間直美准教授)の授業として、毎週、経済専門紙(日経 MJ 新聞)を通読し、異なる 2 本の記事からビジネスアイデアのヒントを抽出し、全く別の新たなアイデアを創造する(キーワード×キーワード=新アイデア)という NIE(Newspaper in Education)教育の実践のなかから生まれたものです。

■廣島里菜さんのコメント
「私がこんなものがあったらいいなと思って書いたアイデアに多くの方が共感してくださり、とても嬉しいです。受賞者のなかで唯一の大学生と聞き驚いています」

ステージ前に立つ廣島さん

授業風景:新聞記事を読みポイントを整理

賞状と副賞の授与

授業風景:新聞記事からアイデアのヒントを抽出