江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

廣田 有里

情報文化学科 准教授
修士(人間科学)

IT企業で10余年、流通・卸業界のシステム構築を行ってきました。流通・卸業界で広く使用できるVisual Basic.netによる基盤作りを行い、業務の効率化を図りました。その後、本学に来てからは、業務知識を生かした実践的なシステム構築やプログラミングの指導を行っています。近年は、地域コミュニティの活動に関わり、地域でのITの利活用を検討しています。

研究分野:機械工学
専門分野:コンピュータ・情報システム学


情報通信技術(ICT)の急速な発展により、ICTは様々な社会システムの基盤になっています。社会にとってよりよいシステムのあり方を検討する分野です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


プログラミングを勉強すると、物事を順序だてて考える力がつき、目的を持ったアプリ制作の大切さを理解することができます。

研究テーマ


「社会を支える情報システムの構築と運用に関する研究」
情報通信技術が急激に発展し、今や様々な社会システムの基盤となっています。しかしながら、構築や運用の面で、その技術力を使いきれていない問題もあります。
そこで、「発展した技術を社会の中でシステムとしてどのように構築し運用するか」と、「チームによるシステム開発での情報共有」という点について、とくに注力して研究しています。

最近の研究活動


上記の研究テーマを、特に地域コミュニティでの情報システムの利活用について実証研究をしています。
オープンガーデンを持続的な観光資源にするためには、どのような情報システムが必要かを検討しています。庭の見どころに着目し、オーナーと訪問者の関係をサポートする支援システムを模索しています。
また、地域コミュニティに関わる人たちの間での情報発信と共有方法についても検討しています。NPOのホームページやSNSの導入を支援し、参与観察を行ったり、学童保育における家庭と運営者間の意思疎通の支援を行い、適切な情報システムについて検証しています。

担当科目


情報ネットワーク論、情報デザイン論、e-コマースシステムI、e-コマースシステムII、マルチメディア論、データベース演習、情報文化基礎、情報文化演習、情報文化実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究