江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

大山 健一

情報文化学科 助教
修士(英文学)

「教育音声学」(Pedagogical Phonetics)を信念に、英語学習者の国際社会における実践的コミュニケーション能力の育成を目標にしています。特に、日本人が英語を聞く時や話す時に、どのようにしたら聞きやすくなるのか、どのようにしたら話しやすくなるのかに注目しています。今までの専任教員としての経験や研究員としての経験を踏まえ、研究者として日々精進し、教育者として学生への指導に携わりたいと思っています。

研究分野:言語学、外国語教育
専門分野:音声学、英語学


「音声学」と「英語教育」が専門分野です。日本人が英語の音声を学習する上で、どのようにしたら効率的に学ぶことが出来るのかを研究しています。英語の音声が分からなかったら、自分自身に英語力がなかったため(聴覚音声学的な考え方)と考えるだけではなく、発した相手の発音が良くなかったため(調音音声学的な考え方)、あるいは電車内や地下道などの環境が良くなかったため(音響音声学的な考え方)、などと捉えることも必要です。このような考えが音声学的な捉え方です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


文字とは違って、音声というものは目に見えません。その音声をどのようにして捉えて(理解して)、相手に伝える(表現する)のかを意識することが大切です。特に、聞こえた英語を全て文字にして理解しようとすることはリスニング力向上の妨げとなります。日本語の音声に代用できる英語の音声と代用できない英語の音声を把握し、必要な音の一つひとつを身に付ける必要があります。また、「リズム」(音の強弱)と「イントネーション」(音の高低)が日本語と英語ではどの程度違っているのかも知る必要があります。

研究テーマ


「連接」(Juncture)という分野が研究テーマです。a nameとan aimという英語の音声の違いを説明できますか? 前者はnの前に息継ぎをし、後者はnの後に息継ぎをすれば違いが出ると思うでしょう。しかし、実際に英語のネイティヴスピーカ(母語話者)が発音した場合、息継ぎの場所の違いがある訳ではありません。実は、息継ぎの有無の違いがあるのです。つまり、単語と単語の空白(スペース)が必ずしも息継ぎの箇所を表しているわけではなく、そのことが英語のリズムとイントネーションに大きく働き掛けているのです。文字だけで音声を全て表しているとは限りませんので、音声には文字以上の情報が含まれていることと、それをどのようにして理解と表現する必要があるのかを考えています。

最近の研究活動


「連接」(Juncture)という古い定義を現代版にアレンジした先駆者として、音声の解明を日々取り組んでいます。具体的には、日本人が発音した英語の音声と母語話者が発音した音声とを比較し、どの程度似ているのか、あるいは違っているのかをコンピュータを通して調べています。1 秒に満たない時間において、日本語と英語には大きな違いがあり、それに気付けるかどうかを大きな課題としています。一方で、そんな短い時間内での音の変化を教えることは非常に難しいと痛感しています。もし皆さんが英語の先生になりたいのであれば、このような小さくても大きな違いをどのように教え、どうやって児童・生徒・学生が身に付けられるのかに目を向ける必要があります。

担当科目


英語学概論、英語音声学、Reading IV、英語表現IV、英語表現基礎、英語表現I、英語表現II、英語プレゼンテーション演習I、情報文化基礎、情報文化演習、情報文化実習、基礎ゼミナール

趣味


料理