江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

浅川 陽子

こどもコミュニケーション研究所長
こどもコミュニケーション学科 教授
修士(人文科学)

幼稚園や小学校の教員を約25年間勤めて、子どもの発達と学習について実践研究を重ね、それから私は、大学で教職をめざす学生さんと共に学びあう道を選びました。「疑問は研究の母」という言葉が好きです。なぜ?どうして?という子ども時代の気持ちをいくつになっても忘れずに、一生懸命考えたり学びあう大人って素敵だと思います。

研究分野:教育学
専門分野:学校教育、幼児教育(絵本学)


幼稚園や小学校で最も大切なことは、主体的な学び手を育てることです。一生の基礎となる「ことばの力」を育てる初等教育のあり方について実践的に問い続ける学問分野です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


赤ちゃんから小学生まで、人がことばを獲得していくプロセスには、人それぞれ感動的なストーリーがあります。謎も多く、知れば知るほどおもしろくなります。正解が一つではないことを楽しむ姿勢が大事です。

研究テーマ


1 幼小接続期の子どもの発達と学びーなめらかさと適度な段差
2 幼小接続期の親の変容ー生涯学習の視点から
3 実践国語研究ー小学校「ことばの力」を育てる各学年の授業
4 実践国語研究ー「問い」を育むことばの授業
5 校内研究のあり方ー学びあう共同体として(現職研修)
6 絵本研究ー読み聞かせ体験と、その意味

最近の研究活動


1 保育の教育における絵本の読み聞かせ体験(2015・2016江戸川大学学内共同研究:研究代表者)
2 『保育表現の技術』2015保育出版社(共同執筆)
3 『児童学事典』2015丸善(共同執筆)
4 平和絵本の読み深めー大人にとっての絵本体験(2016絵本作家と研究分担)
5 「なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫」2016明治図書『実践国語研究No337』

担当科目


こどもと読み聞かせ・絵本、こども演劇創作演習、言葉、生活、言語表現の技術、総合表現演習I(演劇)、教育実習(幼稚園)、教育実習事前・事後指導(幼稚園)、教育・保育実践演習