江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

金井 雅子

こどもコミュニケーション学科 特任講師

修士(カウンセリング) 心理職で入都後、主に児童相談所等で児童心理司、児童福祉司として児童福祉の第一線で勤務してきました。これまで虐待・不登校・非行・障害等、深刻な状況にいる多くの子どもや親に関わってきましたが、今後はこの臨床経験を福祉現場で活躍できる人材育成にも生かしたいと考えています。

研究分野:心理学・社会福祉学
専門分野:臨床心理学・カウンセリング・こども福祉・ソーシャルワーク


社会福祉の中で特に子どもの福祉の現場で起きる様々な問題(虐待、不登校、いじめ、非行、障害)をテーマとして、臨床心理学や子ども福祉の視点から研究するものです。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


子どもの為に何かしたいという純粋な気持ちは大切ですが、それに加えてスペシャリストになるために制度の理解、専門的な知識、技術を身に着けることが大事だと思います。

研究テーマ


「子どもの虐待」が主な研究テーマです。虐待を受けた子どもの介入についてはシステムも構築されつつありますが、虐待を受けた子どもへの影響や治療(ケア)については不十分な状況です。家庭復帰によって虐待が繰り返されることのないケースワークの構築にも関心をもっています。

最近の研究活動


「児童虐待」をテーマに他大学や臨床現場の方と研究会を持っています。虐待を長期に受けた影響が子どもに与える影響について、トラウマとの関連を主に研究しています。
現在「Child abuse trauma:Theory and treatment of the lasting effects 」を共同翻訳中であり、星和書店より出版予定です。

担当科目


グループアプローチ、児童家庭福祉、社会的養護、社会的養護内容、こどもコミュニケーション論、保育実習I、保育実習指導I、保育実習III、保育実習指導III

趣味


山歩きとフルート
100名山を達成し、200名山に目標に歩いています。山をひたすら歩き、頂上に立った時の達成感は格別です。下山後の温泉と冷たいビールも疲れを忘れさせてくれるものです。夫とのコミュニケーションにも一役買っています。
フルートの美しい音色がでるように毎日練習に励んでいます。