江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.08.04

こどもコミュニケーション学科の保育体験学習( 1 年次)

こどもコミュニケーション学科の 1 年生が保育園での体験実習を行いました。実習先は本学関連の「えどがわ森の保育園」と「えどがわ南流山保育園」で、半日( 9 時から 11 時 30 分まで)の実習です。
学生は先生方に指導していただきながら、幼児の保育にあたりました。お絵描きをしたり、絵本を読んだり、お歌をうたったり、ダンスを踊ったり、遊戯をしたりなど、半日でしたが多くの体験をすることができました。
実習後は園長先生から「保育士は大変なお仕事ですが、やりがいのある仕事なので、一人でも多くの方が保育士になっていただきたいと思います。体力が必要なので健康面でも気をつけて、これから 4 年間がんばってください」と、激励の言葉をいただきました。

<実習を終えた学生たちの感想>
・先生たちの視野の広さに驚きました。先生たちはいろいろな所に気を配り、子どもたちに何をしてあげればよいか、即時に判断していました。
・初めての体験でどうしたらいいか分からなかったけど、楽しくて、あっという間でした。子どもたちは個性があり、制作活動をできる子もいれば、できない子もいて、そこに対応して動いている先生はとてもすごいと思いました。
・2 時間半はあっという間で、逆にまだ子どもたちと一緒にいたいと思うくらい楽しい時間を過ごせたなと思います。先生たちは誰一人手を休ませず、他の先生と力を合わせていて、見ていて無駄な動きがないと思い、すごいと感じました。
・自分が担当したのは 3 歳児でしたが、ただ遊んでいるだけではなく、制作をする時はしっかりと先生の話を聞いていて、メリハリがあってすごく驚きました。
・今までボランティアに行っても「かわいいな~」で終わってしまっていましたが、少し違った視点で接することができてうれしかったです。
・実習に行く前までは、初めての体験で、不安や緊張で頭がいっぱいでしたが、子どもたちはすぐに自然と寄ってきてくれたので、素直で明るい子どもたちに助けられたなと思いました。

<参考>