江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

小田原 由佳

社会学部経営社会学科 准教授

1990年公認会計士試験に合格。大手監査法人に入所し、大会社の会計監査およびベンチャー企業の公開支援業務を行ってきました。2006年、江戸川大学に就任。財務・会計コースの立ち上げに参画しました。江戸川大学では、日商簿記検定試験や税理士試験などの会計に関する資格取得を目指す学生の支援にも尽力しています。

研究分野:経営学
専門分野:会計学


会計学は、会社の儲けはどれくらいか、どのような資産を持っているのか、借金はどれくらいあるのかなどを計算して、会社の社長や取引先などの会社関係者に報告するためのルールを学ぶ学問です。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


会計学はおカネにかかわる知識なので、将来どのような仕事をすることになっても必ず役に立ちます。社会の一員として身につけるべき大切な知識だと思っています。

研究テーマ


・不正会計とコーポレート・ガバナンス
 1.不正会計の事例研究
 2.コーポレート・ガバナンス・コード
 3.コーポレート・ガバナンスにおける監査の役割
 4.不正リスク対応の監査手続
近時、不正による有価証券報告書の虚偽記載等の不適切な事例が相次いでいます。虚偽記載の原因となる会計不正に関しては経営者に責任があるところであり、企業におけるコーポレート・ガバナンスのあり方が検討されています。また、公認会計士による外部監査の手続きも不正リスクに対応するように見直されています。企業における会計不正の防止・発見するためのコーポレート・ガバナンスおよび公認会計士監査のあり方について研究しています。

担当科目


原価計算(2級工業簿記)I、原価計算(2級工業簿記)II、ビジネス会計I、ビジネス会計II、株式・証券投資論、経営社会基礎、経営社会演習、経営社会実習、専門ゼミナール、卒業研究