江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

年度を選択

2016.11.10

小林至教授 夕刊フジ連載コラム『“不毛な議論”がスポーツ文化の発展遅らせる 五輪ボート会場問題』

社会学部経営社会学科の小林至教授(スポーツビジネスコース担当)が寄稿している『夕刊フジ(公式サイト zakzak)』の月 1 回連載コラム『小林至教授のスポーツ経営学講義』最新回(11 月号)の紹介です。
今回のテーマは、『五輪ボート会場問題』です。
今年、政府はスポーツを欧米のように産業として成長させることを成長戦略の柱の1つとして閣議決定しました。具体的には、現在 5.5 兆円のスポーツ市場を、今後 10 年間で 15 兆円にするというものです。コストからプロフィットへ、体育から興行へ変貌を遂げるために、スタジアム・アリーナ、大学スポーツ、プロスポーツなど、聖域なき構造改革を推進し投資を呼び込むのだと。しかし、連日繰り広げられているボート会場の整備費用の問題は、この未来志向の線に沿ったものとはとても思いにくいと小林教授は解説しています。

小林至先生 ファイルサイズ小

小林至教授