江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

社会学部

社会学部長メッセージ

新しい挑戦は人生の贈り物!

中村 真
(なかむら しん)
教授・社会学部長

江戸川大学社会学部は1990年の開学時に応用社会学科とマス・コミュニケーション学科の二学科体制で出発し、すでに四半世紀になろうとする学部です。設立当時は、現代社会の著しい変化と多様な社会問題を社会学の立場から研究、教育し、国際化、高度情報化社会にこたえ得る人材を送り出す役割を担う学部として出発しました。

1997年には環境情報学科が開設され、1999年には応用社会学科が人間社会学科に改称されました。2000年には経営社会学科も開設され、2002年には環境情報学科が環境デザイン学科に改称され、2006年には2学部5学科に改組されました。社会学部の人間社会学科、ライフデザイン学科、経営社会学科の体制はこの時につくられましたが、2012年には社会変化のニーズに対応し、ライフデザイン学科は現代社会学科に改称され今日に至っています。このように社会学部は世の中の変化のニーズに合わせながら、常に柔軟性と先見性を持ちながら学部の組織を整えてきました。

社会学部では現代社会に起きる様々な社会現象や社会問題を見逃したり、聞き逃したりせずに、「あれ?」といった疑問と好奇心でとらえ、それらの現象や諸問題を多角的視点から取り組みます。難しい問題に取り組むということはヒーローになるチャンスをもらうということで最高の贈り物です。新しい挑戦は贈り物なのです。あらゆる機会をとらえて人とは違う存在になれるのがこの社会学部です。

社会学部は学生一人一人が、最新の専門知識や技術を修得し、数々のフィールド体験を通して新しい発見と好奇心をもち、深い洞察力と分析力を養います。また、同時に広い教養をも身につけ、総合的な判断ができる力を持つことができる機会も提供します。

現在、人間心理学科は特に人と人との関係に焦点をあて、仕事から自分自身の悩みまで、社会日常の問題を心理学的に解決できる人材を育成しています。特に「睡眠」についての研究は優れた成果を上げています。また、現代社会学科は現場で活躍をしている教員が多いことから、その特性を生かし、多くのインターンシップやボランティア活動を経験させ、社会に出ても即活躍できる人材を養成しています。また、国際的に活躍をしている先生方も多く、海外のフィールドに出る機会が多いのも特徴です。経営社会学科は、時代に適合した新しい経営理念や実務スキルを身につけた人材を育成し、それをスポーツ、ファッション、音楽ビジネス分野に応用できる人材を育てています。また、実際に大企業やプロの世界で活躍をしてきた生え抜きの経営者や著名なコーチがその経験を生かし学生を育成しています。

みなさん、江戸川大学社会学部で人間の精神や本性を簡潔かつストレートに表現できる教養を身につけませんか?そしてまた、大切な人間の精神、時や命の使い方、丁寧に暮らす生き方、人間力を養い、現代社会のモラルのコンパスになってみませんか?

研究者情報:中村 真 教授