江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

メディアコミュニケーション学部

教育システム

メディアコミュニケーション学部では、「現代の多様化するメディア環境の中にあって、満ち溢れる情報を「正確にとらえ、的確に伝える」能力を養い、新しい国際化時代のコミュニケーション活動を担い、国内のみならず、国際的分野をも含む諸機関で活躍できる人材を育成すること」を目的としています。

少人数教育 - 個別指導に徹した手厚い指導

1年次から4年次まで一貫したゼミナール教育により、教員が一人一人の学生に対してきめ細かく学習計画や進路相談を行います。専門知識の獲得だけではなく、社会への適応能力を高めることを目標としています。

リアルな教育 - フィールド学習の重視

フィールドワークや各学科独自の「演習」「実習」科目などにより、現場体験や具体的な課題研究に基づく問題意識を大切にし、理論と実践の両面から学びます。

基礎・教養教育 - 基礎学力と広く深い教養の習得

初年次教育及びキャリア教育も含めた、語学系・情報系・基礎学問系・現代日本理解系・社会調査系に分類される教養教育と、基本的な学習能力の獲得のための基礎教育を実施しています。

情報化教育 - ノートパソコンを一人1台貸与

開学以来、ノートパソコンを一人1台貸与しています。1年生で、学内外のネットワークを適切に使いこなす技能と知識、レポートを作成し提出・発表する技能 (ワード、エクセル、パワーポイントの基本操作)を学びます。履修登録や出席確認、システムを利用して教材のダウンロード、レポート提出などもパソコンを使いますので、専門教育や就職活動が始まる3年生の時にはパソコンを問題なく使えるようになっています。

専門教育 - メディアコミュニケーション学、マス・コミュニケーション学、新聞学、広報学、コミュニケーション学、情報メディア学、語学、文学、教育学と幅広い分野を網羅

メディアコミュニケーション学部は、メディア(媒体)とコンテンツ(情報内容)を対象に研究する学部です。そのため、社会科学と人文科学の両方の分野にまたがる幅広い専門教育を行っています。社会科学に属する、メディアコミュニケーション学、マス・コミュニケーション学、新聞学、広報学、コミュニケーション学や、人文科学に属する語学、文学、その他、情報メディア学、教育学といった複合領域を対称にしています。メディアの特性を理解し、何をどう受けとめて・何をどう発信していくかを専門分野毎に学ぶことで、幅広い視野を獲得して、具体的な提案ができる力を育成します。